What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. ミャンマー
  5. 活動紹介

Myanmar / ミャンマー 活動紹介

2011年3月に文民政権が成立後、急激に民主化が進むミャンマー。2014年に事務所を開設し、他国で行ってきた読書推進、図書館活動の経験をいかした事業を展開しています。

寺院学校改善事業

ミャンマーの寺院学校は宗教省の管轄ですが、カリキュラムや学校制度は教育省の公立学校に準じており、貧困世帯の子どもたちが多く通っています。しかし学校は老朽化しており、また部屋が狭く改築の必要があります。寺院学校の建設、図書コーナーの設置、教員研修を実施していきます。

ノンフォーマル教育事業

小学校の最終学年である5年生まで残る子どもは56%と、半分の子どもは退学してしまいます。また一度も学校に行っていない小学校就学年年齢児童は58万人以上いると推測されています。小学校を卒業しないまま成長した若者や成人は読み書きや計算の能力が不足していることから、生活に必要な情報や知識を得られず、就職の機会も限られていることから社会的に不利な立場に置かれています。
学校に行っていない子どもへのライフスキル教育、ノンフォーマル小学校(夜間小学校)の運営支援、村落図書館を核としたコミュニティー・ラーニング・センターへ教材や図書の提供、研修実施支援などを行います。

公共図書館改善事業

ミャンマーには国立国会図書館、大学図書館、公立図書館、コミュニティが自立して運営する村落図書館があります。公共図書館は児童サービスを行うこととされていますが、図書館員は児童サービスの研修を受けたことがなく、児童書も非常に少ない状態です。
児童コーナーの改善、移動図書館活動の実施、図書館員研修会開催、インターネットサービスのためのコンピューターを供与します。

児童図書出版改善事業

ミャンマー情報省によると2011年に発行された書籍(雑誌、漫画を含む)は8,000タイトル以上ですが、子ども向けの本は82タイトルのみ。漫画や扉絵の入った本はありますが質の高い絵本は限られています。子どもたちに質の高い絵本を提供するために人材の育成が急がれます。
ミャンマー作家協会と共催で絵本・児童図書コンクールを行い、受賞作品を印刷・出版し、公共図書館および村落図書館に配布します。
また専門家による研修を行い、絵本・児童図書作家の発掘・育成を行います。