What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. ネパール
  5. 活動紹介

nepal / ネパール 活動紹介

2015年4月25日、M7.8の地震が首都カトマンズの北西約81kmで発生しました。死者8,900人、全壊家屋60万戸、半壊家屋27万戸にのぼり、47,700以上の教室が被害を受け、シャンティは2016年末まで緊急救援活動を実施してきました。ネパールでは震災前から子どもが農作業に従事したり、経済的な理由で学校に通えないことが多く、子どもの学校離れが課題となっていました。2017年に事務所を開設し、子どもたちが安心して学校で勉強できるよう「被災小学校における防災能力強化事業」に取り組んでいます。

学校建設

シャンティはネパールの復興庁と協力し、復興に着手できていない学校の校舎建設を行っています。復興庁はすべての設計図の耐震性能を審査しており、新しく建てる校舎には防災の視点が取り入れられています。耐震能力のある学校校舎の建設を通じて、特に遠隔地に住む子どもたちに教育を受ける機会を提供することを目指しています。

図書館活動を通じた
子どもたちの心のケアと防災教育の実践

地震は建物だけでなく、子どもたちの心にも爪あとを残しました。学校の災害時対応を不安に思う親が多く、学校に来るのを怖がる子どもたちも増えています。子どもたちが安心して学校へ通えるように、読み聞かせなどの図書館活動や、防災をテーマにした教育教材の開発に取り組んでいます。

防災計画の策定

多くの教員が震災時の対応に不安を抱えています。ネパールでは、防災が学校運営指針に入ったばかりで、学校が個々に指針を具体化させ、独自の防災計画を立案しなくてはなりません。教員や地域の人々にも参加してもらいながら、防災計画の策定に取り組んでいます。

教員・住民・行政の防災に対する理解の向上

学校で被災した場合、どのように子どもたちを家に帰すのか、子どもたちの通学路は安全か、どこが災害に弱いのかなどを地域と連携して確認しています。防災には地域の人々の参加が不可欠なため、識字率が低い村では、防災の必要性を理解してもらえるよう絵やイラストなどを使って分かりやすく伝えています。

ネパールの事業を指定して寄付をする

詳しくはこちら

事業計画・報告

  • 公的資金による事業報告書はこちら
  • 評価報告書(リサーチペーパー)はこちら