What we do / シャンティの活動内容

国内で参加できる支援プログラム

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 国内で参加できるプログラム
  4. 絵本を届ける運動
  5. プログラム概要

絵本を届ける運動 プログラム概要

「絵本を届ける運動」とは、子どもの本が足りない地域に、日本の絵本に訳文シールを貼って送る活動です。

紛争や貧困など、さまざまな理由で世界には絵本を一度も読んだことのない子どもがたくさんいます。

読み書きができない、絵本を読んでくれる人がいない子どもたちへ、絵本を手にする機会をもってもらおうと、1999年に「絵本を届ける運動」が始まりました。

「お菓子より絵本がいい、お菓子はすぐになくなるけど、絵本はなんども楽しめるから」

シャンティが活動を始めたころ、カンボジア難民キャンプである少女が言った言葉です。

絵本は楽しいだけでなく、子どもたちが読み書きを習得することの助けにもなっています。
地雷原の看板が読めずに地雷を踏む事故、
薬の処方箋を読めないことによる薬の誤用など、
読み書きができないことによる弊害はたくさんあります。
このような国や地域では、識字は命をまもることにつながります。

絵本を届ける先はカンボジア、ラオス、ミャンマー、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ、アフガニスタン、タイ。

日本で出版され、国や文化、時代を超えて親しまれている絵本に、各言語の翻訳シールを貼り付け、子どもたちが母語で読める絵本となったものを届けます。これまで多くの方のご協力により1999年から27万冊を超える絵本を送り出しました。

絵本は、シャンティが実施する研修に参加した図書館員・教員が所属する図書館・学校に配布します。 また、シャンティが運営する図書館や移動図書館の蔵書として活用され、子どもたちに読まれています。