つながる人の和 復興プロジェクト気仙沼

ワカメ漁師体験~大収穫祭~

2016年2月13日(土)
「あつまれ、浜わらす!」x蔵内之芽組の恒例企画開催!

昨年11月に子どもたちの種つけしたワカメが収穫の時期を迎えました。
漁師さんたちに教わりながらワカメの刈り取りをしたり、
新鮮な生ワカメをしゃぶしゃぶ、めかぶをまるかじり!!という
貴重な体験をさせていただきました。
ワカメ陸

わかめしゃぶしゃぶ

めかぶ

子どもたちは漁師さんたちの地道な力仕事や、
大海原で船を操るカッコよさを感じたようです。

このまちの魅力の発信が、
子どもたちが大きくなったときも
「このまちが好き」、そう思ってくれたらうれしいですね。

そしてこのまちで暮らしたいと思えるまちづくりが
今必要だとひしひしと感じます。

漁業の継承、魅力の発信、
蔵内之芽組も「はまわらす」も
毎日ふんばってふんばってがんばっています!

集合写真2

地元海の幸でお正月

【2015年12月27日 (日) 蔵内海の幸〜年末大売出し〜開催】

年末−2℃の中、開催された「海の駅よりみち」x「蔵内之芽組」年末大売出し!
浜のお父さんお母さんが一生懸命育てたホタテは即完売でした。

20151227蔵内海の幸_1

20151227蔵内海の幸_3

お正月のお買い物にたくさんの地域の方々が来てくれました☆
地域の人たちに愛されてこその集いの場。
来年ももっともっと「海の駅よりみち」はがんばります!!

20151227蔵内海の幸_2

20151227蔵内海の幸_4

シャンティ気仙沼、年内最後のイベントも
お陰様で無事終了することができました。ありがとうございました!!
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

わかめ漁師体験!!~種付け~

2015年11月21日(土)
以前の「ホタテを育てよう!」に引き続き、
現在シャンティで取り組んでいる子ども支援「あつまれ、浜わらす!」と
漁業支援「蔵内之芽組x海の駅よりみち」のコラボイベントが開催されました。

子どもたちは、地元の漁師さんたちからワカメの種付け作業を教わりました。
みんな2人三脚でいっしょうけんめい「ワカメのあかちゃん」をロープにつけて、、
漁師さんたちが海の畑(漁場)へ持って行きました。

一仕事してから、漁師さんからお魚のさばき方を学んでみんな真剣です!
ワカメのソムリエ大会(食べ比べ)も行い、地元の上質なワカメを実感しました。

ご飯は浜のお母さんたち(海の駅よりみち)が作ってくれた
こいわかめの炊き込みご飯、鮭のバター焼き、おさしみ、
そしてみんなで作ったトン汁でした~。

子どもたちのワカメ、3月ごろには収穫できるかな☆

wakame2
ワカメの種付け作業。ロープが固くて大変です!

wakame3
今旬の鮭!!漁師さんが丁寧に教えてくれました。

wakame7
wakame5
味・香り・色・歯ごたえの4項目から、
圧倒的な支持を得たのはやっぱり地元のわかめ「こいわかめ」。
漁師さんたちも結果発表までドキドキでした~。

wakame6
浜わらす!おなじみのつりっこ。漁師さんたちがてづくりで竿をつくってくれました。

あつまれ、浜わらす!ホタテを育てよう!その①

2015年9月26日(土)
あつまれ、浜わらす!x蔵内之芽組によるイベント「ホタテを育てよう!その①」
を開催しました!

今回は第1回目、ホタテの稚貝とりを体験しました。
10円玉くらいに育ったベビーホタテを採取して、網かごの中にいれる作業です。

蔵内之芽組の漁師さんたちによると
ホタテの収穫はおよそ1年半~2年かかるということです。

また半年後あたりに、途中まで育ったホタテのお掃除や「耳吊り」という作業をします!
ホタテが大きくなって収穫の時は、子どもたちも大きく成長していますね。
どちらも今からたのしみです☆
hotate1
種から育った稚貝を網からタンクに戻す作業

hotate2
その中から育ちの良い稚貝を選別します

hotate4
選別した稚貝を網かごに入れて、海に戻します!おおきくな~れ☆

海の駅よちみち2周年記念感謝祭開催!

2015年10月25日(日)

蔵内のお母さんたちが運営する直売所兼お食事処「海の駅よりみち」が
おかげさまでオープン2周年!!感謝祭を開催しました。

シュウリ貝(ムール貝)のつかみどりや、
旬のお魚は即完売!!たくさんの地域の方々で賑わいました。

これからも「海の駅よりみち」をどうぞよろしくお願いします(^^)

よりみち2周年感謝祭2

よりみち2周年感謝祭3

よりみち2周年感謝祭4

よりみち2周年感謝祭5

だるまワークショップ

2015年7月22日、アメリカのサンフランシスコから日系の高校生たちが日本文化を学びに
気仙沼を訪問しました。北カリフォルニア日本文化コミュニティセンター(JCCCNC)によるプログラムで
アメリカに住む日系人が、自分たちのルーツを知る目的で2年に1度日本を訪れています。

JCCCNCはシャンティ気仙沼の復興支援で2011年からつながりがあります。
現在も気仙沼での子ども支援「あつまれ、浜わらす!」や階上地区の植樹活動など
東日本大震災復興支援のご協力をいただいております。

今回は階上地区にある地福寺のご住職によるだるまワークショップを開催しました。
だるまの歴史を学んだり、ご住職が選んだ海岸の石でだるまづくりを体験しました。
高校生たちは、好きな言葉を描きそれぞれの表情をつくりました。

その後、東日本大震災当初のことや、
ご住職が副理事長をつとめる植樹活動(NPO法人「海辺の森をつくろう会」)など
被災地の活動・課題を学びました。

Jihukuji_daruma3

DarumWS1

darumajihukuji2

みんなの加工場完成!

蔵内に加工場ができました!!

漁業からはじまる、地域の復興。

この地域で漁業を再開した人はわずか。まだまだこれからの被災地で

がんばる漁師さんたちをシャンティは応援します。

ここは、地域のみんながつかえる加工場「ブルーファームこせっぺ」

シャンティでは漁業体験をはじめ、漁業や被災地復興に興味のある方々に、

この地域の海と人をつなげるお手伝いをしています。

これからも持続可能な漁村復興を目指します!
加工場resize
蔵内之芽組(新たな担い手も!)

餅まきresize
「ブルーファームこせっぺ」落成式の様子(地域の方々をご招待して餅まきをしました)

この加工場は、ジャパン・プラットフォームの助成金を受け建設されました。
ご支援ありがとうございました。(完成2015年8月8日)

(気仙沼事務所/東)

あつまれ、浜わらす!ロープワークとアワビのカギの作り方塾

2015年3月21日(日)

あつまれ、浜わらす!第16回
「ロープワークとアワビのカギの作り方塾」を行いました。

今回のプログラムは、
気仙沼市本吉町前浜地域のイベント「前浜おらほのとっておき」の中のプログラムの一つとして行わせて頂きましたので、他地域の方、地元の方、たくさんの方が会場へいらっしゃいました。

 

まずは、ロープワークを行います。ロープワークは、主に漁師さんが得意とする技で、例えば船と岸壁を繋げる時の頑丈な結び方や、簡単な結び方でもほどけにくい結び方などがあります。

ご協力頂いた地元のロープワーク達人は、何種類ものロープの結び方をご存知でいらっしゃいましたが、ロープワークの中でも、今回は「モンキー・フィスト」と言うロープワークを子どもたちにつくってもらいました。

DSC_0413IMG_5319

IMG_5320DSC_0418

小学校1年生~6年生が参加のプログラムで、子どもたちには少し難しいものかもしれないと思うところと、知恵の輪のように楽しんでもらえるのではないかと思うところがありましたが、子どもたちは真剣に結び方を覚え、何回も繰り返し集中して作っていました。プログラム前にスタッフもやり方を覚えようと練習していましたが、子どもたちのほうが憶えるのが早いように思いました。

IMG_5327IMG_5330

IMG_5334IMG_5349

当初のプログラム内容に「縄跳び」は入っていませんでしたが、ロープを縄跳びにして、ロープで遊べることを自分たちで見つけていました。

 

IMG_5416IMG_5417   DSC_0432

 

午後は「アワビのカギの作り方」です。まずアワビの採り方を達人に教わりました。

カギとは、アワビを採るときの道具の名前であり、カギとカガミ(四角い箱メガネ)を使って採ります。

IMG_5439

次にカギの作り方を一部達人に実践して頂きました。

IMG_5474IMG_5540

手馴れたナタなどの道具の扱いに子どもたちは目を輝かせていました。

DSC_0450

達人に見習って、子どもたちもカギ作りに挑戦します。

本物の材料や作り方は、子どもたちには難しいと判断し、今回は達人に本物を見せて頂いて、
子どもたちには「アワビのカギについて知ってもらう」と言う目的で、ナタなどは使わずにやすりがけする作業を行ってもらいました。そしてここでも「カギのコベ」と言う部分と「カギの、カギ」の部分を付けるロープワークを使いました。

IMG_5487IMG_5492

IMG_5502 IMG_5503

子どもたちは丁寧にやすりがけをし、ロープワークを行って、達人に最終確認をしてもらい完成しました。

IMG_5552 IMG_5556 IMG_5566

自分で作ったカギで、次は「アワビ採りゲーム」です。

トラックを船に見立ててアワビ採りゲームを行いました。

トラックの側面につけた船は、以前プログラムで行いました、地元の伝統芸能「大谷大漁唄い込み保存会」様よりおかりしました。岩にみたてた土嚢(どのう)に、中に粘土を入れて重さをつけた本物のアワビの殻を置いて、どのチームが一番アワビを採れるのか競争をしました。

IMG_5567IMG_5591

これも、プログラム前にスタッフが実践したときより、子どもたちは上手にアワビを採っていました。

DSC_0497DSC_0507 DSC_0520

大きなアワビや小さなアワビ。

DSC_0536DSC_0541IMG_5638

 

実際にアワビの漁は個数ではなく重さで測るので、「ふのりチーム」「ひじきチーム」「めかぶチーム」それぞれが自分のチームでとったアワビを、個数ではなく、計りにかけて重さを競いました。

IMG_5646

 

一番アワビの重さが大きいチームは、アワビのカギ作り達人から、

達人が使っていた本物の「カギのコベ」の部分をプレゼントされました。

 

 

IMG_5603   DSC_0552

実際に海でアワビ採り体験を行うことは、今はまだ難しいのですが、

今後地域の方々にご協力頂き、本当のアワビの漁を体験できればと思っています。

地元について子どもたちが理解することや魅力を知ることができる機会を増やしていきたいです。

 

おまけプログラムとして、「前浜おらほのとっておき」に参加の地域の皆様や達人へのお礼として、釜で炊くおにぎりづくりを行いました。

DSC_0596 DSC_0597

かまど達人とおにぎり達人に教えてもらいながら、子どもたちは積極的におにぎりをにぎっていました。

DSC_0600DSC_0573IMG_5707IMG_5723IMG_5731   DSC_0610 DSC_0611

プログラム終了後、さっそく自分で作ったアワビのカギを使って、上手に荷物をとっていました。

IMG_5736 IMG_5737

準備や片付けも自分たちで協力して行っていました。そして、カメラ撮影も手伝ってくれました。

IMG_5446IMG_5294

 

 

子どもたちがプログラムで経験したことを、子どもたちがお家に帰って家族や身の回りの人たちにお話し、そこからまた「昔のことや子どもたちの未来について大人の方々が考えること」が、子どもたちにとっての財産になると感じます。

ご協力頂いたみなさま、ありがとうございました。「あつまれ、浜わらす!」今年度も継続していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

DSC_0612

東日本大震災から4年

2015年3月11日(水)

東日本大震災から4年。気仙沼事務所では、毎年この日を静かに迎えます。

20150311

「東北を忘れない」、時間は刻々と流れる中、最近その気持ちひとつでつながりを感じます。

たくさんの人が、それぞれの場所で「3.11」を思い出し、祈り、そのたくさんの人の想いが被災した地域だけでなく、今後どこにでも起こりうる災害に活かされることを願っています。

5年目となる2015年、気仙沼事務所では引き続き、将来この地で暮らしていく子どもたちのために、地域の大人とともに試行錯誤しながら道を切り開いていきたいと思います。わたしたちにできることは、ひとにぎりかもしれませんが、これからもみなさまの応援よろしくお願いいたします。

蔵内わかめ祭り

2015年3月8日(日)「蔵内わかめ祭り」開催!!

震災から4回目のワカメの収穫の時期になりました。

地域の交流の場としてオープンした直売所・お食事処「海の駅よりみち」で、先日ワカメの収穫を祝い「蔵内わかめ祭り」を開催しました。当日はたくさんの地域の方や県外の人も訪れ、「よりみち」を運営する地元のお母さんたちが、今しか味わえないワカメしゃぶしゃぶや、新鮮な海産物でお客さまを迎えました。

三陸の良質な塩蔵ワカメや、その日にとったホタテはすぐに完売。急きょ商品を追加するほど大盛況でした。4月末までは、お父さんたちの漁師グループ「蔵内之芽組」や「よりみち」のお母さんたちはワカメの収穫で大忙しです。

おかげさまで、只今地元ブランド「こいわかめ」(昨年分)は完売中ですが、今年の販売は3月下旬より開始いたします。ぜひ新物「こいわかめ」をご賞味ください。

わかめつめ放題 とれたてワカメのつめ放題!

わかめしゃぶしゃぶ 旬のワカメしゃぶしゃぶ

ほや ホヤも販売!

1 2 3 4 5 11

copyright© Shanti Volunteer Association. All rights reserved.