シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. タイ

タイ

CSC_0042

タイの絶景「紅蓮の海」

2018.3.5   タイ

アジア地域ディレクターの八木沢です。念願の東北タイのウドンタニ県の「紅蓮の海」を訪れました。 ウドンタニ県の郊外にあるノンハーン湖。36平方キロの広大な湖に紅い蓮の花が咲きます。 地元の人は「紅い蓮の海」と呼びます。蓮の花が咲くのは12月から2月の上旬の涼しい季節の早朝から11時頃までの期間限...

P1280010

日曜日も読書推進活動をしていた、イン職員。

2018.2.9   タイミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

こんにちは。 メーソット事務所からです。 今回は日曜日のお話です。 メーソットの事務所では職員の多くがキリスト教徒であり、日曜日には教会に通っている職員も何人かいるようです。 そんな中、私はキリスト教徒ではないのですが、先月末メーソットにある教会での日曜日の礼拝に行ってみまし...

オラタイ・プーブンラープ・グナシーランさん

【タイ】オラタイさん~スラムの図書館からタイの外交官に

2017.9.16   タイ / 

シャンティ国際ボランティア会は、1981年にタイ国内のカンボジア難民キャンプでの支援活動を開始して以来、35年以上、アジアの子どもたちへの教育支援や緊急救援活動を行ってきました。そんなシャンティが運営する図書館と出合い、“夢”をつかんだ一人の女性がいます。バンコクのスラム育ちのオラタイ・プーブンラー...

あばれる君が見た!タイ・バンコクのスラム街。スラム街の子どもたちに大人気"移動図書館”

【9/18】TBS「世界で勝手におせっかい in タイ」で移動図書館を紹介

2017.9.8   タイメディア掲載情報絵本を届ける運動

2017年9月18日(月・祝)にTBS「世界で勝手におせっかい in タイ」が放送されます。番組では、シャンティのパートナー団体「シーカー・アジア財団」が活動しているクロントイ・スラムと、移動図書館活動の様子が放送されます。 タレントの「あばれる君」が移動図書館を手伝う様子や、タイの外...

プラティープ先生が外務大臣賞を受賞

2014.9.22   タイ

ARDの八木沢です。 先週の9月19日(金)在タイ日本大使館で外務大臣表彰の式典と祝賀会が開催されました。 佐藤大使から外務大臣表彰を受けるプラティープ先生 受賞したのは、シャンティの永年の協力者である「スラムの天使・闘志」として知られるプラティープ先生。クロントイ・スラムのプラテ...

IMG_2219

タイの今を聞きに来てください。

2014.6.2   タイ報告会

みなさまこんにちは。海外事業課の神崎です。 本日、「タイの子どもたちに学びの機会を!-アルニー所長が語る奨学金事業とタイの現状-」18:30~20:00 当会事務所1階で報告会を行います。 東京都新宿区大京町31 慈母会館1階 参加費500円   ニュースでもご覧になっ...

NO IMAGE

ミャンマー(ビルマ)からの移民の子どもたちの学校への支援事業の評価をしました

2012.8.27   タイ

タイ事務所(シーカーアジア財団)のアドバイザーの三宅隆史です(在東京事務所)。タイ事務所が昨年から2年間の期間実施している、ターク県メーソット周辺の移民の子どもたちの学校への支援事業が12月に終了することから、このたび終了時評価を実施しました。調査期間の8月上旬から中旬のメーソットは連日雨で、事務所...

NO IMAGE

タイの洪水から

2011.12.17   タイ

アジア地域ディレタクーの八木沢です。今回は、バンコクからタイの大洪水に関してです。 今年の10月から日本でも大きく報道されたタイの大洪水。日本でもアユタヤやバンコク近郊の7つの工業団地が冠水。日系企業450社の工場も冠水して被害、工場の閉鎖と大打撃。 冠水した地域は、日本の東北と北関東と同じ大きさと...

NO IMAGE

娘と母をつなぐ絵本

2011.9.26   タイ

こんにちは。 SVAタイランド/シーカー・アジア財団の松尾久美です。 本日は、クロントイ・スラムの図書館で実施したストーリーテラー・コンテストでの 出来事を紹介させてください。 当コンテストは、ほかの2地区の図書館と合同で、年に1度、実施しています。 この日も12人の参加者が、年齢別にストーリー・...

NO IMAGE

パーレックの引退

2011.9.12   タイ

こんにちは。 SVAタイランド(シーカー・アジア財団)の松尾久美です。 本日は、スラムの地域発展に長年、携わってきたスタッフの活動の軌跡と 引退のニュースをお送りします。 スアンプルー図書館の名物スタッフ、ノンヤオさん(65歳)。 地域では、パーレック(レックおばさん)と呼ばれ親しまれてきま...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト