シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. スタッフの声

スタッフの声

PDCAサイクルのイメージ

公共の活動のためのPDCA(資源配分、計画、予算)

2017.6.29   スタッフの声東京事務所より / 

こんにちは。東京事務所の瀧です。予算策定の時期になりました。 シャンティの定款にはこう書かれています。 「われわれは全ての人々がお互いの民族や言語・文化・宗教の差異性を容認し、尊重し、その美しき多様性の中に「共に生き、共に学ぶ」共生社会の実現を希求する。それはお互いがかけがえのない存...

写真は3月末のメーソット市側からみたFriendship Bridge No. 2
友好と希望の橋になりますように。

栄吉さんの部屋:2017年夏 NGO海外研修プログラムへのお誘い

2017.4.24   スタッフの声東京事務所より / 

皆さん、こんにちは。事業サポート課の山本栄吉(やまもとえいきち)です。 職場では“えいきちさん”と呼ばれています。それほど大きくない事務所なのに、岡本、山本、鈴木、渡辺が二人ずついるのです。慣れないうちはとてもややこしいです。 さて、今回はNGO海外研修プログラムのお話です。 この夏、...

寄付と税金

寄付と税金のお話

2017.3.5   スタッフの声東京事務所より / 

こんにちは、経理担当の瀧です。 確定申告の時期です。確定申告をする人は、公益社団法人等(特定公益増進法人)に対する寄付のうち一定のものについては、所得控除と税額控除を選択することができます。 2011年から所得控除と税額控除は選択できるようになりましたが、たいていの場合では税額控...

DSC01818

途上国の現場で働くとは

2017.2.20   スタッフの声ミャンマー

ミャンマー事務所の山田です。学生時代の私は、将来、途上国の現場で教育のために働きたいと大きな希望と夢を持って語っていました。現場とは途上国であっても都市のこぎれいなオフィスでデスクワークをするのではなく、田舎で地元の人たちと触れあい、一緒になって活動していくというイメージでした。困っている人たちのた...

_KTO0898

シャンティに参加しよう!

2017.1.31   スタッフの声東京事務所より

こんにちは、事業サポート課の竹内です。 最近シャンティではちょっとした変化があり、私のいた緊急救援室と開発事業を行う海外事業課が統合され、事業サポート課という名称になりました。個人的にはこの変化は理にかなっており、というのも、NGOの活動で重要なものの一つは事業(プロジェクト)です。 N...

子供時代は無我夢中で遊びたい。皆思うことは同じです。

栄吉さんの部屋:紙芝居、絵本、そして図書館

2016.12.2   スタッフの声東京事務所より / 

はじめまして。今年の6月からシャンティで働いている山本栄吉と申します。初めての投稿なので自己紹介をさせていただきます。 時は元禄、否、昭和の生まれ。朝はシジミ売りの声、遠くの汽笛、貨物列車の音などを枕元で聞いた時代の東京に生まれました。駄菓子を食べながら、原っぱでの紙芝居に興じました。...

源泉徴収票

源泉徴収はどっちの税金?

2016.11.21   スタッフの声東京事務所より / 

こんにちは、経理担当の瀧です。NGOは、外務省やJICAといった公的機関から資金提供を受けた際、事業実施で使ったお金(経費)を集計して報告しなくてはいけません。申請する際、「税金は補助金の対象となる経費にならない。」と言われることがあります。NGOへの補助金に関して「相手国政府や地方自治体等...

為替イメージ

為替の憂鬱

2016.9.26   スタッフの声東京事務所より / 

こんにちは、海外事業課の瀧です。為替相場が2016年の初め1US$=120円以上でしたが、2016年9月は、1US$=101円前後と円高になっています。 シャンティの活動は主に海外で教育支援の活動を行っていますので、現地事務所へ外貨を送金し、為替差損益が発生します。 会計のルール...

DSC02594

ヤンゴン事務所職員に突撃インタビュー

2016.7.8   スタッフの声ミャンマー寄付募集中

ミンガラーバー。 今回はヤンゴン事務所で仕事をしているミャンマー人職員2人に突撃インタビューをしてみました。 ヤンゴン事務所の様子はこんな感じ。 ピーにある事務所に比べると人数も少なめ。 ビルの中にある部屋ということもあってオフィスの中は落ち着いています。 そして現地職員の...

ちょっと昔のことを思い出してみた

2016.7.7   カンボジアスタッフの声 / 

十年前の夏、ぼくはタンザニアにいた。 学生だったぼくはボランティアで「環境にやさしい村づくり」という事業を手伝っていた。さんさんと照る太陽の下、言葉も通じない現地の日雇いの少年十人ほどに混じって、来る日も来る日も朝から晩まで、建築資材となる日干しレンガの材料にするため、赤土をひたすら掘り起こし...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト