シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. スタッフの声

スタッフの声

NO IMAGE

海外事業課の助っ人

2013.1.26   スタッフの声

海外事業課で「業務補佐」をしています塚本真衣子です。 『「業務補佐」って何やってるの?』 とお思いのあなた。ちょっとだけ紹介させてください。 「業務補佐」は、海外事務所(特にカンボジア)の事業申請書や報告書の翻訳・管理や、課長業務のアシストを主な仕事としています。海外での活動の後方そのま...

NO IMAGE

SVAに来て感じたこと。

2013.1.20   スタッフの声 / 

みなさんこんにちは! 広報課インターンの三須です。   今回始めてブログを書かせていただくことになり、少し緊張しております(笑) 広報課インターンとして活動して2ヶ月。もう半分まできてしまったことが信じられません。本当に時間が経つのはあっというまですね。 今回は私...

2012-12-27-04.24.01

新装丁になった「シャンティ」をちら読み!

2013.1.6   スタッフの声東京事務所より / 

おはようございます。広報課の清野です。 今年もどうぞよろしくお願いします。 2013年1月発行の季刊ニュースレター「シャンティ」冬号ができあがりました。 5年ぶりに誌面を見直し、新しいコーナーを作ったほか、サイズも変えました! 左が前号、右が新しい「シャンティ」冬号です。 ...

NO IMAGE

2013年新年のご挨拶 – 自立を阻む大きな壁を克服する力を!

2013.1.1   スタッフの声

新春のお慶びを申しあげます。平成25年巳年の幕開けを皆様いかがお迎えでしょうか。SVAスタッフ一同を代表し、皆様にとりまして、より良い年になりますようご祈念申しあげます。 誰しも、現在に至るまで自由に人生の道を選び取ってきたという人は稀でしょう。自分の力だけではどうにもならないことの中で、われわれ...

女王様とお呼…びじゃない

2012.11.9   スタッフの声

こんにちは。 経理担当、黒澤真理子ことマリア・クロサワです。 私事ですが、髪を切りました。 人生最後の悪あがきで伸ばしていた髪。仲間由紀恵か小雪の成れの果てみたいな、というかハイキング・ウォーキングのQ太郎みたいだったロング・ヘアーを徐々に短くしていき、ついにショート・カットに。 あ~、...

SVAのクリエイターたち<矢萩多聞さん>

2012.11.4   スタッフの声

おはようございます。広報課の清野です。 会員・ATSのみなさまへお届けしているニュースレター「シャンティ」。 デザインとレイアウトを担当してくださっているのが、ブックデザイナー矢萩多聞さんです。 学術書から小説、まで幅広いジャンルの書籍の装丁を手がけています。 装丁の代表作は...

NO IMAGE

インターン生からのカンボジア便り(3)

2012.9.12   スタッフの声 / 

チョムリアプスオ!はじめまして、現在、SVAカンボジア事務所のノンフォーマル教育課でインターンをさせて頂いている、東京大学3年の鈴木守です。日ごろ大学の中で勉強している私が、現地に行ってみて何を感じるのか。それに対し、NGOで現地に入っている人びと、あるいは現地人スタッフが、何を問題としてどのように...

NO IMAGE

インターン生からのカンボジア便り

2012.8.15   スタッフの声 / 

チュムリアップスオ(初めまして!) 今夏、SVAカンボジア事務所でインターンをさせて頂いている静岡大学教育学部4年生の神谷壮真と申します。私はある疑問を持ってこのインターンに参加しました。私は、途上国における貧困削減において、「教育」こそが最も重要な役割を果たすと信じています。しかし、彼らが現状を打...

NO IMAGE

かきつばたに寄せて

2012.7.19   スタッフの声

こんにちは。経理担当、黒澤です。タイトルだけはいつになくきれいなのを付けてみましたが、内容はちょっとアレなので、お時間があり、なおかつ御心の寛大な方のみ読んでくださいね。ここで「アレとは何だっ。アレとは!」とご立腹された方はお読みになりませんよう…。 SVAのスタッフは世界中を飛び回っていますが、私...

ニュースレター「シャンティ」2013年夏号&秋号を制作中

2012.6.3   スタッフの声 / 

おはようございます!広報課の清野です。 いよいよ6月になりました。 7月発行のニュースレター「シャンティ」夏号もいよいよ追い込みです。 今日は私の仕事道具をご紹介します。 「シャンティ」の校正刷りをチェックして、修正箇所は赤のボールペンで書き込みます。 担当の私だけではなく...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト