シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. スタッフの声

スタッフの声

NO IMAGE

インターン生からのカンボジア便り(3)

2012.9.12   スタッフの声 / 

チョムリアプスオ!はじめまして、現在、SVAカンボジア事務所のノンフォーマル教育課でインターンをさせて頂いている、東京大学3年の鈴木守です。日ごろ大学の中で勉強している私が、現地に行ってみて何を感じるのか。それに対し、NGOで現地に入っている人びと、あるいは現地人スタッフが、何を問題としてどのように...

NO IMAGE

インターン生からのカンボジア便り

2012.8.15   スタッフの声 / 

チュムリアップスオ(初めまして!) 今夏、SVAカンボジア事務所でインターンをさせて頂いている静岡大学教育学部4年生の神谷壮真と申します。私はある疑問を持ってこのインターンに参加しました。私は、途上国における貧困削減において、「教育」こそが最も重要な役割を果たすと信じています。しかし、彼らが現状を打...

NO IMAGE

かきつばたに寄せて

2012.7.19   スタッフの声

こんにちは。経理担当、黒澤です。タイトルだけはいつになくきれいなのを付けてみましたが、内容はちょっとアレなので、お時間があり、なおかつ御心の寛大な方のみ読んでくださいね。ここで「アレとは何だっ。アレとは!」とご立腹された方はお読みになりませんよう…。 SVAのスタッフは世界中を飛び回っていますが、私...

ニュースレター「シャンティ」2013年夏号&秋号を制作中

2012.6.3   スタッフの声 / 

おはようございます!広報課の清野です。 いよいよ6月になりました。 7月発行のニュースレター「シャンティ」夏号もいよいよ追い込みです。 今日は私の仕事道具をご紹介します。 「シャンティ」の校正刷りをチェックして、修正箇所は赤のボールペンで書き込みます。 担当の私だけではなく...

NO IMAGE

SVAスタッフ

2012.5.25   スタッフの声

こんにちは。総務担当の河口です。今週初めの金冠日食、すごかったですね。 リングになった時は、光がうす暗くなったばかりでなく、空気までもうすくなったような不思議な感じでした。さて、現在のSVAスタッフは何名いると思いますか?改めて数えてみると、なんと日本人スタッフは60名         ...

NO IMAGE

暗い悦び、密かな愉しみ

2012.5.10   スタッフの声

こんにちは。経理担当、黒澤です。ああ、またブログ当番が回ってきてしまいました。このブログは、基本的にSVAの事業に関連したことを書くことになっています。わたくしのセレブな日々とか、華麗なる私生活とか書いちゃダメなんです。そうすると、毎回言ってますが、書くこと無いんですよ~。経理はね~。さて、SVAの...

ニュースレター「シャンティ」2012年夏号制作中

2012.5.6   スタッフの声東京事務所より / 

おはようございます。広報課の清野です。 ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか? 私は仙台の実家に帰省して、家族と満開の桜を楽しみました! 実家の桜は久しぶりです。今年は桜の開花が2週間くらい遅かったのですね。 さて、私がいま取り組んでいるのは季刊ニュースレター「シャンティ」の制作!...

NO IMAGE

忍び寄るクマ、そしてリス

2012.4.13   スタッフの声

こんにちは。経理担当、黒澤です。 集団で仕事をしていると、必然的に「当番制度」というものが形成されます。SVAには現在4つの「当番」が存在します。 ①アップデート担当  毎朝、9:30だよ全員集合ということで、朝礼というかミーティング(略して朝ミ)が行われ、 その日のスケジュールと前日の報告がシェ...

NO IMAGE

知っ得!「初心不可忘」の本当の意味とSVAとの意外なカンケイ

2012.3.31   スタッフの声

こんにちは。 海外事業課の勝村智樹です。 SVA東京事務所では、専ら椅子に腰掛けて日々の仕事をこなしております。 これが私が毎日机から眺めている景色です。 このように一息ついて顔を上げると、いつもふと目に入ってくるものがあります。 それは、画面中央左にあります。 「初心不可忘(初心忘るべからず)...

NO IMAGE

教育に携わるということ

2012.3.16   スタッフの声

こんにちは。SVA東京事務所・経理総務課の北嶋です。 唐突ではありますが、ここで一篇の詩を引用します。 -------  大きくなって  小さかったことのいみを知ったとき  わたしは "ようねん" を  ふたたび もった  こんどこそ ほん...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。