シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. スタッフの声

スタッフの声

NO IMAGE

CBSと出会って

2010.7.16   スタッフの声

こんにちは。 私は、毎週水曜日にボランティアとして参加させていただいている大学2年の織原と申します。 大学では海外の子ども達への国際協力について学んでおりSVAでのボランティア活動も授業のひとつです。現在、私はチャイルド・ブック・サポーター(以下CBS)の活動をお手伝いしています。 CBSは、月々2...

NO IMAGE

「現地に比べたら、東京の夏はたいしたことないですよね?」

2010.7.11   スタッフの声

おはようございます~ シャンティ国際ボランティア会、広報担当の清野です。 東京では連日、むしむし暑~い日が続いていています。 湿度も気温も高いと息苦しくなるんですね~早くも夏バテ気味の私。 タイやカンボジアなど南アジアに住んでいたSVAスタッフに聞いてみました。 「現地に比べたら、東京の夏はたいし...

ニュースレター「シャンティ」2010年夏号はミャンマー(ビルマ)難民特集

2010.7.1   スタッフの声東京事務所より / 

おはようございます~ シャンティ国際ボランティア会広報担当の清野です。 ニュースレター「シャンティ」2010年夏号が、3月から打合せを重ねて、原稿から、校正を経て、できあがってきました! 表紙はフォトジャーナリスト渋谷敦志さんが撮影したウンピアム難民キャンプの写真です。 ...

NO IMAGE

知識を統合的なもの、将来的なものと捉えること

2010.6.25   スタッフの声

こんにちは。経理総務課・データ管理担当をしている北嶋友一です。 突然ですが、私事をお話しします。 実は、私はSVAでデータ管理を担当しながら、SVA出勤日以外は、 高校で講師をしています。いわゆる教育の現場に携わっています。 さてここで質問です。 このブログの読者の皆様は、「データ管理」担当をしてい...

NO IMAGE

便利な世の中に…

2010.6.12   スタッフの声

おはようございます~ シャンティ国際ボランティア会広報担当の清野です。 「シャンティ」夏号(7月)の編集作業もいよいよ終盤。校正作業の真っ最中です!↓わたしの机の上です。 この写真は誰が撮ってくれたんだろう? どこのキャンプで撮ったんだろう? と確認したくなることがしばしば。 しかし、いまはスカイ...

NO IMAGE

ボランティアの吉田さん

2010.6.11   スタッフの声

経理・総務課 河口です。私の住んでいる東村山市にある北山公園では、今菖蒲が見ごろです。(週末は人が多いので、平日がおススメ。梅雨空に菖蒲はよく合います。) さて、東京事務所には、毎日たくさんのボランティアさんが、絵本のチェックや、クラフト製品の検品や発送などを、お手伝いしてくださっていますが、今日は...

NO IMAGE

インターンシップを終えて

2010.6.7   スタッフの声

私は2010年1月から3月末までの3ヵ月間、SVAでのインターンシップに参加しました。現在大学2年の日向と申します(*^o^*) 私がSVAのインターンシップに応募した理由は、もとから国際協力に興味を持っていたことが大きな理由です。しかし、大学に入って授業を聞いていても、ただ受け身になって授業を聞...

NO IMAGE

タイ・カンボジア・ラオス・アフガニスタンの先生のキモチ

2010.5.1   スタッフの声

おはようございます!「地球に絵本のタネをまく」シャンティ国際ボランティア会(SVA) の広報、清野です。 今日からいよいよ5連休ですね。今年は帰省せず、東京で過ごします。「早寝早起き」と「ラジオ英会話」を聞く習慣を身につけること、そしてTwitterの使い方をマスターするのが目標です。 今日は気持ち...

NO IMAGE

総会を終えて

2010.4.9   スタッフの声

総務の河口です。 新宿御苑の桜は、少し緑の葉が見えてきましたが、まだきれいに咲いています。          SVAの事務所からも近いので、昼休みを利用して、ボランティアさんとスタッフとでお花見に行くのが恒例になっています。                                  2週間前...

NO IMAGE

頭を抱えながら、日々情報を練っています。

2010.3.26   スタッフの声

こんにちは。 経理総務課 データ管理担当の北嶋です。ブログへは2回目の登場です(前回の私の記事はこちら ) 今の時期は、ニュースレター『シャンティ』2010年春号の発送先を算出して、重複が無いようにチェックをして、どこの送付先にはどのチラシを同封するのか、ということを考えながらデータを抽出してゆ...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト