シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 緊急救援

緊急救援

③

【雲南省地震】村との調整と物資の積み下ろし作業を行いました

2014.9.28   緊急救援

ニーハオ。緊急救援室の長沢です。雲南に戻り約一週間が過ぎました。空いた時間に通訳の方に中国語を教わっているのですが、意外とスパルタで、音程がいまだに良く理解できていない私は「違う、もう一回!」と何度もやり直しをさせられています。 9月初旬までの調査事業を受けて、被災地の龍井村の7社に調理器具と...

DSC07368

雲南省での食生活

2014.9.17   緊急救援

你好。緊急救援室の長沢です。ジャパン・プラットフォーム(JPF)からの助成が決まり、10日より新事業を開始いたしました。私もまた明日より雲南省に戻ります。次の事業では、初動調査で視察した地域の一つ、山間部奥地の村の7つの社(村の一つ下の行政単位)全421世帯を対象に調理器具と全1,420名に防寒着と...

DSC07125

【雲南省地震】お米と油を仮設テントで配りました

2014.9.6   緊急救援

緊急救援室の長沢です。8月3日中国雲南省で発生したマグニチュード6.5の地震の被害調査を終え、カウンターパートとともに事業形成を行っております。8月30日に龍頭山鎮を訪問した際に、カウンターパート団体と協働で仮設テントにて物資配布を行いましたのでご報告いたします。 配る準備をしていると、皆...

RIMG0056

【雲南省地震】被災地視察レポート 2 龍井村へ

2014.9.3   緊急救援

ニイハオ。緊急救援室の木村です。 8月3日に発生した地震の被災地支援調査のため、現在、中国雲南省の魯甸(ろでん)県というところに滞在しています。今日は、震源地から車で1時間ほど南下した山あいの龍井村の様子をお届けします。 震源地は山の谷にありますが、そこから村へ入るには3つのルートがあっ...

DSC07060

【雲南省地震】被災地視察レポート

2014.9.1   緊急救援

緊急救援室の長沢です。8月3日中国雲南省で発生したマグニチュード6.5の地震の被害調査のため、引き続き、木村とともに現地に滞在しております。前回の報告の続きとなりますが、30日に視察に行った龍斗山鎮の様子をご紹介いたします。 龍斗山鎮までは車で一時間程度。29日に視察した火徳紅鎮に比べると大規...

火徳紅鎮 李家山村

【雲南省地震】被災地にて調査を行っています

2014.8.31   緊急救援

緊急救援室の長沢です。8月3日中国雲南省で発生したマグニチュード6.5の地震の被害調査のため、木村とともに現地入りしております。私たちがいるのは雲南省の北部、四川省に近い昭通市魯甸(ろでん)県というところです。29-30日と被災地を見てまいりましたので、ご報告いたします。 魯甸県の中心地に現地...

DSC_05411

ぷかぷかいかだで海に出発!

2014.8.6   東日本復興支援緊急救援

こんにちは、緊急救援室の長沢です。 7月22日と23日に気仙沼事務所で行った「あつまれ、浜わらす!ぷかぷか いかだ体験」のお手伝いに行ってまいりました。あつまれ、浜わらす!とは、様々な体験を通じて、子どもたちが海や自然との関わりを深め、海や地元地域への愛着と尊敬の気持ちを持つようになってほしい...

RIMG0023

とれたて「ホヤホヤ」

2014.7.23   緊急救援

みなさん、こんにちは。緊急救援室の木村です。 暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか? 今日は、先月出張で訪問した宮城県は気仙沼での美味しい話をお届けします。 早速ですが、これは何でしょう? 正解は、「海のパイナップル」とも呼ばれている気仙沼名物の1つ「ホヤ」です。 ...

RIMG0028

梅雨の合間の勉強?

2014.6.12   緊急救援

こんにちは、緊急救援室の木村です。 東京は梅雨入り宣言からずっと雨ですね。 シャンティの活動地である東南アジアも雨季に入り、各地での水害が心配な季節になりました。 緊急救援を担当しているとよく、「災害がなかったり、支援の活動をしていない時は何をしているのですか?」と聞かれることがあります。...

IMG_5337

【フィリピン台風】子どもたち向けのトラウマケアプログラム実施

2014.5.28   緊急救援

みなさん、こんにちは。緊急救援室の長沢です。 昨年11月8日に発生しフィリピン中部に大きな被害をおよぼした、台風ハイエンから半年が経過しました。シャンティも11月中旬から初動調査で入り、現在も継続して支援活動を行っております。今は、デイケアセンター(就学前教育施設、保育園のようなもの)の修理・...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。