シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. カンボジア

カンボジア

DSCN9634

沼地のスラムで生きる人々

2014.8.27   カンボジア

チョムリアップスオー! カンボジア事務所長期インターンの大橋です。 久しぶりに訪れたプノンペン市内のとあるスラム。2ヵ月前とその様子が一変していて驚きました。 大きな沼地に囲まれた地域であるため、雨季になると水かさが増し道路がまるで川のようになるのです。住民は自分の家まで船をこいで行きます...

image

【〆切】カンボジアの仏教文化を訪ねるツアー2014

2014.7.25   イベントカンボジアスタディツアー

今年も開催いたします。 「カンボジアの仏教文化を訪ねるツアー2014」! シャンティ国際ボランティア会の活動は、1981年にカンボジア難民支援がきっかけとなり始まりました。 その中で私たち自身もカンボジア僧侶の様々な活動から多くのヒントを得て活動してまいりました。 紛争や内戦・虐殺といった歴...

DSCN2134

カンボジアの小学校のストーンヘンジ

2014.7.16   カンボジア

みなさま、こんにちは。 カンボジア事務所・フォーマル教育課の萩原です。 7月頭、学校建設と図書館建設を行っているバンテイミンチェイ州の小学校の様子を見に行きました。 基礎部分の工事の最中で、建設現場の脇には、これから土台となり、壁となる土や石やレンガが待っています。 ...

1

おやつは誰が払うのか?

2014.7.2   カンボジア

ついに、コンポントム州コンポンスヴァイ郡ニーペック集合村に、 コミュニティ図書館(CLC)の第1館が出来上がりました! 図書館備品も運び込まれました。 今回は、できたてのコミュニティ図書館で行われた運営研修会の様子をお届けします。 このコミュニティ図書館は、村の住...

image016

カンボジア移民労働者の帰還

2014.6.19   カンボジア

6月17日時点でのバンティミンチェイ州の発表では、カンボジア帰還者は170,979人(うち女性60,631名、子ども13,596名)とのことです。 以下、現地職員の現場視察の速報を共有いたします。 国境沿いには、軍、国際帰還の用意したトラック、バスが手配されており、帰還者は国境超えた直後、そ...

はじめまして

2014.6.18   カンボジア

皆様、はじめまして。 約1ヶ月前にカンボジア事務所に着任しました、玉利清隆と申します。 始めて訪問したプノンペン事務所は、男性と女性、年長者と若者、勤務年数の長い職員と新しく入ってきた職員が入り混じっており、とても賑やかな職場という印象です。着任直後から各職員が温かく迎えてくれ、生活面でのサ...

IMG_0003 (2)

「リアルなカンボジアの今を知ることができた」今年第2回目のカンボジア事業報告会を開催しました

2014.6.8   イベント報告カンボジア

こんにちは!東京事務所の真屋です。 先日6月4日(水)に、東京の中野にてカンボジア事業の報告会「カンボジア-農村の今を生きる子どもたち~20代最後の挑戦、乙女のバッタンバン!~」を開催しました。 まずはカンボジアから研修のために来日している現地スタッフヴィチェットから、カンボジアの内戦時...

DSCN7110

子どもはやっぱり○○が好き!

2014.6.4   カンボジア

チョムリアップスオー! カンボジア事務所インターンの大橋です。 今回はカンボジアで村の小学校を初めて訪問したときに発見した、子どもたちの大好きなものについて書かせていただきます。 さて、授業の終わりを知らせる鐘が鳴り、休み時間が始まると子どもたちが真っ先に向かう場所はどこでしょうか? ...

P1070812

読み書きが学べるコミュニティ図書館をカンボジアのスラムに作る!!

2014.5.21   カンボジア

こんにちは、カンボジア事務所所長の山本英里です。 カンボジア都市プノンペンの貧困地域であるスラムでは、今でも多くの人々は教育を受けたことがなく、読み書きができません。 毎日日雇い労働や、ごみ収集などの単純労働で生計を立てていますが、そのほとんどが1人当たり1日1ドル以下の生活を強いられて...

プノンペン市内の高層ビル

21歳を迎えるカンボジアとSVA

2014.5.8   カンボジア

今年、カンボジアは21歳を迎えます。 21年前の1993年5月、 国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)のもとで歴史的な国民選挙を実施しました。 同年9月には新憲法を発布し、立憲君主制の「カンボジア王国」として、 新たな国作りがスタートしました。 その後、カン...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト