シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. カンボジア

カンボジア

clc

【4/23】人間の自立にとっての識字 –カンボジアのコミュニティーラーニングセンターの役割–

2014.4.3   カンボジア報告会

カンボジアの農村部には、文字の読み書きができないことから、日々の生活に困難を感じている人が数多くいます。 2008年の国勢調査によると、当国の成人識字率は77.6%とされていますが、日常生活において実際に読み書きを使いこなせるのは、この半分ほどとみられています。このような状況の背景には、過去の紛争...

1922328_759688500709498_1760758598_n

カンボジアで見えてきたこと

2014.3.26   カンボジア

こんにちは! 法政大学2年の塚原ゆずはと申します。3月2日から、カンボジア・プノンペンオフィスで1ヶ月の研修生としてお世話になっています。 3週目を過ぎたということでブログを書かせていただいているのですが、時が経つのは本当にあっという間ですね。渡航前に見ていたこのブログを今自分が書いているの...

DSCN7073

カンボジアの小学校に届いた本は・・・

2014.2.26   カンボジア

みなさんこんにちは!カンボジア事務所長期インターンの大橋です。 絵本出版事業の事業評価の仕事に同行しました。 SVAの配布した絵本や紙芝居がきちんと各学校に届いているか、その学校の図書館の本棚に並べられているか、子どもたちが楽しいと思える本を出版できているか・・・など、調査しています。 ...

写真①

新・伝統文化支援事業 開始

2014.1.30   カンボジア

チョムリアップスオー!! 伝統文化支援事業担当の牛田です。 2014年を迎え、1月より、新たな伝統文化支援事業が始動致しました。 今回は、その事業紹介をしたいと思います。 皆さん、お寺にも学校があるのをご存知でしょうか? お坊さんは、仏教全般やパ...

カンボジアより新年のご挨拶

2014.1.17   カンボジア

皆様 新年あけましておめでとうございます。 昨年は、皆様の温かいご支援のおかげで無事に事業を遂行することができました。心より御礼申し上げます。 さて、カンボジア事務所は年明け早々大忙しでした。 2014年1月2日、仕事開始日は、シェムリアップ事務所、バッタンバン事務所への引っ...

年末のご挨拶

2013.12.24   カンボジア

2013年もあと残りわずかとなりました。カンボジアもここ最近涼しい日が続いており、朝晩は肌寒い位です。 カンボジアの2013年は歴史的1年であったともいえます。7月の総選挙では、野党が過半数近くの票を獲得しました。主張内容はどうであれ、抗議デモや行進を通して人々が声を上げることができる環境があ...

22

「カンボジアの仏教文化を訪ねるツアー」報告

2013.12.4   イベント報告カンボジアスタディツアー

~カンボジア僧侶に学ぶ地域における寺院の役割~ 2013年11月24日から30日にかけて、日本の僧侶を中心とした12人の皆さんがカンボジアの寺院・僧侶を訪ねました。 地域開発に奮闘してきたカンボジアの僧侶からその経験を学び、「日本の地域における寺院・僧侶の役割をもう一度見つめなおす」こと...

PICT0111

【カンボジア洪水】緊急救援・第2弾を行いました

2013.11.20   カンボジア緊急救援

皆様、こんにちは。カンボジア事務所の萩原です。 1か月前のブログ(10月23日、24日)でもご紹介させていただきましたが、カンボジアでは今年、水害の被害が深刻です。11月8日現在、洪水被害は全23州中20州に広がり、173万人が洪水の被害を受け、子どもを含む188人の方が犠牲となりました。 ...

DSCN5875

プノンペンで見た貧富の差

2013.11.6   カンボジア

みなさんはじめまして!10月からカンボジア事務所でインターンをさせていただいている大橋です。 日本では小学校の教員をしていました。 子どもが大好きで、子どもたちの笑顔が元気の源です。 世界中のたくさんの子どもたちの笑顔に出会いたくて、日本を飛び出してきました。   ...

DSCF1456.jpg

【カンボジア洪水】緊急救援を開始しました ②

2013.10.24   カンボジア緊急救援

カンボジア事務所の江口です。 前回に続いて、緊急救援の様子をレポートします。 今月16日、バッタンバン州トマーコール郡オータキ集合村にて、 同集合村の最も深刻な被害を受けた2村の被災世帯(合計672世帯)を対象に、 米20kg及びテントを配布しました。 その際の配布の様子、受益者の...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト