シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. カンボジア

カンボジア

ちょっと昔のことを思い出してみた

2016.7.7   カンボジアスタッフの声

十年前の夏、ぼくはタンザニアにいた。 学生だったぼくはボランティアで「環境にやさしい村づくり」という事業を手伝っていた。さんさんと照る太陽の下、言葉も通じない現地の日雇いの少年十人ほどに混じって、来る日も来る日も朝から晩まで、建築資材となる日干しレンガの材料にするため、赤土をひたすら掘り起こし...

「ジャーナリスト×駐在員が見たカンボジアの今」~トークイベント~

【7/20】「ジャーナリスト×駐在員が見たカンボジアの今」~トークイベント~

2016.6.30   イベントカンボジア / 

都市部の経済発展が進むカンボジア。幹線道路は舗装され、地方都市のインフラも整いつつあります。しかし、一歩村に足を踏み込むと、そこには発展から置いていかれたように昔ながらの暮らしを送る人々の姿があります。 シャンティ国際ボランティア会は25年間、農村地域で教育支援を行ってきました。今回、...

村人の希望 学校建設

2016.6.10   カンボジア

皆様、こんにちは。カンボジア事務所の玉利です。 シャンティは1991年から毎年小学校の建設を行っていますが、今年も皆様からのご支援により5校が建設中です。雨季に入った今、学校によっては途中の道がぬかるんでおりモニタリングに苦労する場所もありますが、各校予定通りに建設が行われています。 ...

image of web top

作っちゃいました

2016.5.29   カンボジア

カンボジア事務所のコミュニティ図書館事業(CLC)事業。 事業ウェブサイト(英語)を作ったのでご案内します。   こんな感じで、CLC事業についての最新情報、軌跡、事業ノウハウなどを体系的にまとめています。 「見方がわからない!」という方はこちら。 &n...

DSCF8738

アンロンカガンスラム図書館オープン!

2016.5.26   カンボジア / 

先日、5月9日に、SVAカンボジアが支援しているスラムのひとつであるアンロンカガンにて、コミュニティ図書館のオープニングセレモニーが開催されました。 オープンまでに、子どもたちと協力しながら本の分類と内装の飾り付けをしていきます。 分類した本には、それぞれ色のついた紙テープを貼り...

s-IMG_3683

3つか4つのいいところ(続き)

2016.5.12   カンボジア

前半で図書館の話をしましたが、 シャンティの識字教室には他にどんなユニークな利点があるのでしょうか。   ② 識字×カジュアル教育 楽しみと憩い 環境がいい シャンティの教室参加者に「この教室の好きなとこなに?」ときくと、「環境が整っていて気持ちがいい」という意見をよ...

CLC#4 コークバラン識字教室

3つか4つのいいところ

2016.5.12   カンボジア

カンボジアの江口です。今年の識字教室が始まりました。 この機会に、他にはないシャンティの識字教室で学ぶ利点をまとめてみました。 [caption id="attachment_18370" align="aligncenter" width="650"] コークバランコミュニティ図書...

IMG_2814

心に刻まれた文化

2016.5.7   カンボジア寄付募集中

みなさんおはようございます。支援者リレーションディレクターの神崎です。 カオイダン難民キャンプでは伝統舞踊教室が開かれていました。 カンボジアの文化に接することのできる機会を作ることは、彼らのアイデンティティを保つうえでも重要なことです。文化が否定されたポル・ポト体制下で生き残った数少な...

_MG_1634

カンボジア人の証として、この本が欲しかったのです

2016.4.16   カンボジア寄付募集中

みなさんこんにちは。支援者リレーションズディレクターの神崎です。   カオイダン難民キャンプというところは、約2キロメートル四方を鉄条網で囲まれた、 赤土の大地でした。キャンプの内外は自動小銃を持ったタイ郡の兵士に見張られて いました。警備されて、キャンプが軍事的緊...

3

カンボジア・幼児教育事業始動!~子どもたちのより良い成長のために

2016.4.12   カンボジア

みなさま、こんにちは! カンボジア事務所の萩原です。 シャンティは2015年より「幼児教育の質の改善事業」を開始しました。2015年は小規模に3か所の幼稚園で試行的に活動を実施しています。そして今年2016年より本格始動。2016年に18か所、2017年にさらに18か所の幼稚園を支援し、201...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト