シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. カンボジア

カンボジア

DSCF8738

アンロンカガンスラム図書館オープン!

2016.5.26   カンボジア /  

先日、5月9日に、SVAカンボジアが支援しているスラムのひとつであるアンロンカガンにて、コミュニティ図書館のオープニングセレモニーが開催されました。 オープンまでに、子どもたちと協力しながら本の分類と内装の飾り付けをしていきます。 分類した本には、それぞれ色のついた紙テープを貼り...

s-IMG_3683

3つか4つのいいところ(続き)

2016.5.12   カンボジア / 

前半で図書館の話をしましたが、 シャンティの識字教室には他にどんなユニークな利点があるのでしょうか。   ② 識字×カジュアル教育 楽しみと憩い 環境がいい シャンティの教室参加者に「この教室の好きなとこなに?」ときくと、「環境が整っていて気持ちがいい」という意見をよ...

CLC#4 コークバラン識字教室

3つか4つのいいところ

2016.5.12   カンボジア / 

カンボジアの江口です。今年の識字教室が始まりました。 この機会に、他にはないシャンティの識字教室で学ぶ利点をまとめてみました。 [caption id="attachment_18370" align="aligncenter" width="650"] コークバランコミュニティ図書...

IMG_2814

心に刻まれた文化

2016.5.7   カンボジア寄付募集中

みなさんおはようございます。支援者リレーションディレクターの神崎です。 カオイダン難民キャンプでは伝統舞踊教室が開かれていました。 カンボジアの文化に接することのできる機会を作ることは、彼らのアイデンティティを保つうえでも重要なことです。文化が否定されたポル・ポト体制下で生き残った数少な...

_MG_1634

カンボジア人の証として、この本が欲しかったのです

2016.4.16   カンボジア寄付募集中 / 

みなさんこんにちは。支援者リレーションズディレクターの神崎です。   カオイダン難民キャンプというところは、約2キロメートル四方を鉄条網で囲まれた、 赤土の大地でした。キャンプの内外は自動小銃を持ったタイ郡の兵士に見張られて いました。警備されて、キャンプが軍事的緊...

3

カンボジア・幼児教育事業始動!~子どもたちのより良い成長のために

2016.4.12   カンボジア / 

みなさま、こんにちは! カンボジア事務所の萩原です。 シャンティは2015年より「幼児教育の質の改善事業」を開始しました。2015年は小規模に3か所の幼稚園で試行的に活動を実施しています。そして今年2016年より本格始動。2016年に18か所、2017年にさらに18か所の幼稚園を支援し、201...

DSC02435rev2

シャンティ vs 15団体? 白熱!お悩み相談室

2016.4.6   カンボジア

昨日、カンボジアの教育支援団体ネットワーク、 NEP(NGO Education Partnership)の要請で、 シャンティ主催「お悩み相談」を開催してきました。   ※プロジェクター近くの白シャツ:江口   ノンフォーマル教育作業部会の公式プログラムとして半...

IMG_4348

スラムのコミュニティ図書館事業

2016.3.31   カンボジア /  

みなさんこんにちは!   今回は、しばらく更新できていなかったスラムのコミュニティ図書館事業の現状についてお伝えします。   ↓前回の記事はこちら↓ 「最近のコミュニティ図書館」 http://sva.or.jp/wp/?p=14838 「ス...

IMG_2953

どうなった識字教室 5<おまけ>

2016.3.29   カンボジア / 

<受講者の声>からの続きです。   もう少し受講者の声を紹介します。   チア・サリーさん 36歳 CLC農業普及員/識字学習者 ニーペックコミュニティ図書館(#1)   生活向上研修で講師として肥料の作り方を教えるチア・サリーさん(画面中央オ...

Pa Pum (upper)

どうなった識字教室 4<受講者の声>

2016.3.26   カンボジア / 

<成果データ>からの続きです。 最後に昨年の識字教室の成果を、受講者の声から紹介します。   多くの声を紹介したいですが、 まずは代表的な人から紹介します。     パ・ポムさんです。 過去のブログ記事でも度々登場していただいています。 ...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。