シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 対談

対談

v9_thumb

【対談:第九回】災害と図書館-都道府県立図書館の役割を中心に

2015.1.12   対談

ARG代表取締役 / 岡本 真さん × シャンティ広報課 / 鎌倉 幸子 2015年1月12日 横浜開港記念会館 1月12日に行われた神奈川の県立図書館を考える会主催の【新春特別企画】スペシャルトーク「災害と図書館-都道府県立図書館の役割を中心に」で語られた県立図書館の役割、図書...

v8_thumb

【対談:第八回】識字は誰のためのものか

2014.12.18   対談

絵本作家・識字教育専門家 / 田島 伸二さん × シャンティ広報課 / 鎌倉 幸子 2014年10月18日 代官山蔦屋書店 文字の読み書きができること「識字」は、人間の持った権利です。それができない立場にいる人のためにシャンティは様々な活動を行っています。 ただし、文字が読 み書き...

v7_thumb

【対談:第七回】文字の読み書きと人間の尊厳

2014.11.29   対談

識字学級ひまわりの会設立 / 桂 光子さん × シャンティ 常務理事 / 市川 斉 2014年11月29日 カフェ ナドゥリ 阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた長田地区。在日韓国人の方が多く日本語の読み書きができない人も多かったといいます。シャンティは大震災後の救援活動を行う中...

v6_thumb

【対談:第六回】30年の経験を生かしミャンマーで図書館事業を開始

2014.11.15   対談

話し手 / 八木沢克昌・ 中原亜紀 × 司会 / 三宅隆史 2014年2月28日 シャンティ東京事務所 30年前のカンボジア難民キャンプでの活動以来、ずっとインドシナ情勢を見つめてきた八木沢アジア地域ディレクター。調査と事業立案に携わった三宅と、赴任直前の中原所長が、八木沢とミャ...

commingsoon

【対談:第五回】戦火の中で本を守った人々

2014.8.20   対談

映画監督 / 金高謙二さん × シャンティ広報課 / 鎌倉幸子 2014年8月20日 シャンティ東京事務所2階 そこにあるのは一冊の本だけれど、その背後には連綿と受け継がれてきた無数の人の思いがある。 今回は戦火の中で、自分の身も危うい時に本を守った人々と、それを映画にした監督...

v4_thumb

【対談:第四回】これからの図書館について語ろう

2014.6.25   対談

ハフィントンポスト日本版記者 / 猪谷 千香さん × シャンティ広報課 / 鎌倉 幸子 2014年6月25日 紀伊國屋書店新宿本店 昨今、様々な形の図書館が、全国で開館しています。図書館へのニーズも変化し、図書館が提供するサービスも多様になってきました。今回、多くの図書館を取材され...

shanti_dialogue_thumb_v3

【対談:第三回】いいなと思った図書館には、それをつくった司書がいる

2014.2.28   対談

漫画家 / 篠原 ウミハルさん × シャンティ広報課 / 鎌倉 幸子 2014年2月28日 FAXインタビューにて 『図書館の主』(芳文社)「タチアオイ児童図書館」を舞台に、口は悪いが本の知識が豊富な児童書専門の司書である御子柴貴生が主人公の漫画です。実在する絵本や児童書を通じて本と...

shanti_dialuge_02_blog

【対談:第二回】読書にこめた平和な国家への願い

2013.6.26   対談

読書推進運動協議会 会長 / 小峰 紀雄さん × シャンティ広報課 / 清野 陽子 2013年6月26日 株式会社小峰書店にて 10月になると「読書週間」のポスターを図書館や書店で目にするのでは。終戦まもない1947年、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によっ...

thumb-04

【対談:第一回】記憶を記録として残す

2013.4.12   対談

NPOオブセリズム / 花井 裕一郎さん × シャンティ広報課 / 鎌倉 幸子 2014年4月12日 内田洋行 新川本社ビル「ユビキタス協創広場CANVAS」にて Library of the Year 2011を受賞し、トリップアドバイザーの「死ぬまでに行ってみたい世界の図書館 1...

  • 1
  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト