本の力を、生きる力に。シャンティは、本を知らない子どもをなくし、未来に希望を持てるように活動をしています。

文字の読み書きと人間の尊厳

文字の読み書きと人間の尊厳

1/5page
識字学級ひまわりの会設立 / 桂 光子 シャンティ 常務理事 / 市川 斉

2014年11月29日
カフェ ナドゥリ

阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた長田地区。在日韓国人の方が多く日本語の読み書きができない人も多かったといいます。シャンティは大震災後の救援活動を行う中でこの事実に直面し、識字学級の立ち上げに関わりました。

識字学級ひまわりの会設立

桂 光子

小学校3年生で父親が戦死。高校卒業後就職したが、学歴の壁に突き当たる。世慣れぬ母の働きのおかげで大学へ。サークル活動などで世の中のしくみの一端を知る。25歳で正規教員に。教育の考え方や教師の在り方について学ぶ。公立夜間中学校の丸山分校西野分校を最後に定年退職。今日まで、西野分校卒業生や仲間と立ち上げた識字学級「ひまわりの会」で、学生たちとともに、「学び」を楽しんでいる。

シャンティ 常務理事

市川 斉

1990年シャンティ国際ボランティア会入職。95年1月に起きた阪神・淡路大震災において、神戸事務所長として、緊急救援及び復興支援活動に関わる。97年東京事務所に復帰後、国内活動に関わる傍ら、国内災害、北朝鮮の食糧支援、モンゴルのゾド(寒害)やインド西部地震の救援活動など国内外の緊急救援に携わる。
2003年よりアフガニスタン事務所長。05年東京事務所に復帰し、海外事業課長、事務局次長を経て、13年3月末より現職。

阪神・淡路大震災から

ひまわりの会参加者
ひまわりの会参加者

市川:識字学級「ひまわりの会」に関わった経緯を教えてください。

桂:震災の翌年(1996年)でしたよね。当時、「社会福祉法人えんぴつの家」(※1)にいる玉本格先生から、話があって。

市川:打合せのとき、桂さんから「本当に識字学級を立ち上げたいんですか?識字というのは、一度、始めたら辞められないんですよ。学習者の人が学び、字を覚えて喜びを知り、さらに学んでいく。その様は、ローソクについた火がゆっくり燃えていくのと似ています。一度、火をつけたら消せないんですよ。わかっていますよね?」と言われました。ドキッとしたことを昨日のことのように覚えています。

桂:こっちとしても、びっくりしてね。人に頼ることしか知らないから。1年後にシャンティが現地事務所を撤退される予定なのに、「識字学級をしましょう」と言われて。梯子を外されたら、どうしようかと思いました。(笑)

市川:いい加減な団体と思いましたか?

桂:そんなことはなかったですよ。生活綴り方教育(※2)をされていた玉本先生仲介していただいたので、心強かった。作文教育とは言わないんですよ。

市川:大学が教育学部で、友人が、生活綴り方研究会に入っていたのを思い出しました。

桂:生活綴り方教育で有名なのは、無着先生の「山びこ学級」(※3)ですよね。教師時代は、玉本先生と他の女性3人で国語のサークルを作ったんですよ。退職すると共に、自然消滅しちゃったのですが。

(※1)社会福祉法人えんぴつの家:生活介護支援、就労支援、ケアホームなど、障碍者の自立支援事業を行う社会福祉法人。玉本格氏は、その初代理事長。教員時代は、生活綴り方教育を推進した。

(※2)生徒に、生活の中で起きたことを日記として綴らせる。1900年の小学校令によって、「作文」は「綴り方」となり、生活を綴ること、平易な文章で書くことが求められるようになった。

(※3)無着成恭(むちゃく せいきょう)は、禅宗の僧侶で日本の教育者。シャンティ国際ボランティア会の創設期からの支援者である。『山びこ学校』は、山形県山元村の中学校教師、無着成恭が、教え子の中学生たちの学級文集、内容的には生活記録をまとめて、1951年に青銅社から刊行したもの。

キャンペーン実施中!!

2014年
8/31まで

ミャンマーの子どもたちに6,400冊の絵本を届けよう!

ミャンマーでは長い紛争により多くの難民や国内避難民が今も貧しい生活を余儀なくされています。さらにミャンマーでは子ども用の絵本がほとんどありません。シャンティでは、 ミャンマーの子どもたちへの教育支援のひとつとして、 6,400冊の絵本をミャンマーで出版します。そのためにはみなさまのご協力が必要です。

ミャンマーの子どもたちに6,400冊の絵本を届けよう!

支援の方法など、詳しくは