シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. マララ・ユサフザイさんが「教育のためのグローバル・パートナーシップ」のサボーターに任命

マララ・ユサフザイさんが「教育のためのグローバル・パートナーシップ」のサボーターに任命

2014.7.24   アフガニスタン東京事務所より

Malala_0

 アフガニスタン事務所の三宅隆史(在東京)です。「教育のためのグローバル・パートナーシップ」(Global Partnership for Education, 以下GPE) は2002年に設立された基礎教育普及のための多国間援助機関です。そのGPEのグローバル・サポーターに、全ての女の子が教育を受ける権利について活動しているパキスタン人のマララ・ユサフザイさんが2014年6月から加わりました。
 6月25日にEUの主催によりブリュッセルで開かれた、第2回GPE基金増資会合に、マララさんが設立したマララ基金の支援によって、パキスタン、タンザニア、インドなどから12名の若者の代表が参加し、学校に行けない子どもたちへの支援の拡充を会合に参加した40名の大臣を含む800名の参加者に訴えました。その結果、増資会合では、2015年から2018年までの4年間で285億ドルのGPE基金への拠出が誓約されました。
 残念なことに、日本政府の2015年の拠出誓約額は、244万ドル(約2億4400万円)と、2013年の拠出実績額507万ドルから半額以下に減少しました。
 GPEの支援対象国は、現在60か国を数え、アフガニスタンは2012年からこれまでに3148万ドルの教育支援をGPEから受けています。アフガニスタンのワルダック教育大臣も今年の2月にGPEのサポーターに任命されています。

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト