シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. コミュニティへ還元するという気持ち

コミュニティへ還元するという気持ち

2011.2.20   ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

はじめましてビックリマーク

現在、ミャンマー(ビルマ)難民事業事務所の研修生(事務所では通称インターン)をしております清水梢です音譜


ほっとシャンティ SVAブログ


私は、オーストラリアにあるニューサウスウェールス大学院で開発学を専攻しており、特にミャンマー(ビルマ)難民の問題に興味を持って、今回この海外研修プログラムに参加させていただきましたチューリップ紫チューリップピンクチューリップオレンジ


29日にメーソットに来てまだ1週間と少ししか経っていませんが、毎日本当に中身の濃いかけがえのない経験をさせていただいていますニコニコ

ほんの一部ですが、そんな私の活動から考えさせられたことをご紹介しますねラブラブ



先日、メーソットから車で約2時間のところにある、ウンピアムキャンプを訪問してきました晴れ


ほっとシャンティ SVAブログ

山の中にあるこのキャンプは、家が綺麗に区画されて立ち並び、時折涼しい風も吹くとても心地の良い場所にあります。

ただ、高低差が激しく、どこへ行くにも坂ばかりあせる


ほっとシャンティ SVAブログ

正直、お年寄りや体の不自由な方には、毎日の生活も大変なんじゃないかなぁと感じましたショック!

 



このキャンプにはSVAが支援しているコミュニティ図書館が3つあります。


ほっとシャンティ SVAブログ


ランチタイムや放課後には、子どもたちが訪れ、熱心に本を読む姿が印象的でした。


ほっとシャンティ SVAブログ


外の世界から遮断され自由のないキャンプの中で過ごす子どもたちにとって、絵本という世界は想像力を養い外の世界に思いを馳せる素晴らしいツールなんだなぁと感じますチューリップピンク



今回のインターンで「第三国定住の可能性とコミュニティ開発」を研究テーマとしてあげてきた私は、第三国定住に興味をもつ5人の学生たちにインタビューをする機会をいただきました


ほっとシャンティ SVAブログ

その中で、全員に共通する、ある「思い」を感じ取りました。それは、「コミュニティへの還元」という気持ち黄色い花


学生たちは、NGOなどの支援で成り立っているキャンプ内の学校で教育を受けています。


ほっとシャンティ SVAブログ

キャンプ内には、幼稚園、小学校、中学校、高校や英語の学校、職業訓練校などがあり、人々は基本的には無料で教育を受けられますが、中にはミャンマー(ビルマ)で教育が受けられなかった、またいろいろな事情により教育を受けていない人々もたくさんいます。


ほっとシャンティ SVAブログ



今回インタビューをした5人の学生たちはまだ若く、将来があるため第三国での生活や教育を受ける機会を希望していますが、そんな彼らの将来の夢は?というと・・・



「第三国へ行って、素晴らしい教育の機会を得たい。そして将来、自分たちの受けた教育を、コミュニティの中で教育を受けていない人々に還元したい」


というのです!!



しかも、なんと5人全員が同じ思いをいだいていることに驚きましたえっ



その中には、全ての科目を教えられる教師になって、コミュニティの中の教育を受けられなかった人々の家を11軒訪問して教育をする、mobile teacherになりたい!という学生までチューリップピンク



キャンプという閉鎖された環境の中にいて、自分の将来のためにいい教育を受けたいと思うのは当然のことですが、自分のことだけでなく、その先のコミュニティ全体の将来を考える高校生を見て、その熱い思いに感動しましたドキドキ




 

しかし彼らの熱い思いとは裏腹に、現実的な問題もあります。



彼らが第三国で教育を受けてキャンプに帰ってきた時、まだここに難民キャンプという「コミュニティ」があるかどうか…あせる


ほっとシャンティ SVAブログ

もしかしたら、この先状況が変わり、コミュニティの人々はミャンマー(ビルマ)側に戻ったり、タイに定住したりして、キャンプというコミュニティ自体が解体され、戻る場所がなくなっている可能性もあるかもしれませんしょぼん



今回のインタビューを通じて、現代人が忘れがちな他人を思いやる気持ち、また助け合う気持ちを思い出させられたと同時に、常に流動的な難民問題において、様々な人々の「思い」と現実が交差する複雑さを感じました。




短いインターン期間ですが、日々オフィススタッフの方々にはお世話になり本当に感謝していますラブラブ


ほっとシャンティ SVAブログ


みなさんとても親切で、何か困ったときにはすぐに助けてくれますチューリップ黄チューリップオレンジ


インターン期間も残りわずかとなりましたが、少しでもいろいろなことを吸収し、また貢献できるよう頑張りたいと思います!!



最後になりますが、ミャンマーの将来に平和と幸せが訪れますように。


そして学生たちの想いが実りますように・・・黄色い花

ほっとシャンティ SVAブログ

NGO海外研修プログラム・ミャンマー(ビルマ)事業事務所研修生 清水 梢


  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト