シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 【ネパール地震】ヌワコット郡の学校のいま

【ネパール地震】ヌワコット郡の学校のいま

2015.6.5   ネパール緊急救援

ナマステ(ネパールの言葉で、こんにちは)、緊急救援室の木村です。

1ヶ月のネパール滞在を終え、先日帰国しました。この間、学校の仮設教室・トイレをつくるための準備(予算書作成、送金手続き、エンジニアの雇用など)を行い、ようやく被災地での活動を開始しました。私とバトンタッチでネパール入りした山本と竹内から、現地の様子が届きましたので、さっそくご報告します。

Nuwakot Parche-1 11099479_1004765712868441_441381301403502539_o

ネパールに到着して早速、仮設教室の建設予定地に行ってきました。首都カトマンズから車で約6時間30分かけてヌワコット郡バルチェ区にある学校に到着。

Nuwakot mountain 11119149_1004766159535063_5665168562218274119_o

でこぼこの山道を走ったためか、途中で車がパンクし、30分ほど徒歩で移動することに。ようやくたどり着いた先には、壊れて使えなくなってしまった学校が。現地のパートナー団体と学校の校舎の状況をチェックします。

Nuwakot school building 11357136_1004765979535081_692139187422867149_o

もうひとつの学校には、たくさんの子どもたちが遊んでいました。崩れてしまった学校のそばで、授業はできないけれども、友達に会いに学校に来ているようです。長時間の移動に疲弊していたスタッフも、子どもたちの笑顔にしばしの休憩です。

Nuwakot Parche-2 10818396_1004765969535082_1924635314905377879_o

ヌワコット郡の中心部から車で4時間ほど離れた標高1,900メートルの村では女性から話を聞きました。旦那さんが国外へ出稼ぎに出ている間、女手一つで家を守ってきたそうです。出稼ぎの仕送りでようやく建てた新居は、この震災で崩れ去ってしまったとのこと。このことは旦那さんにも伝えられましたが、残念ながらネパールへ帰国する費用がなく、これからの生活再建は彼女の手にかかっています。

Nuwakot- women 11289454_1005249232820089_7698935671970615539_o

 こんな時だからこそ、子どもを安心して預けられる学校の役割は大きいです。村の学校の再開に向けて、引き続き仮設教室の建設に取り組んでいきます。

*********************************************
現地の状況に鑑み、中長期的な支援が必要とされることが予想されます。
みなさまからの温かいご支援を宜しくお願い致します。

郵便振替: 00150-9-61724 
加入者名:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
*通信欄に「ネパール地震」と明記下さい
*備考欄に「免」と明記ください(手数料免除)

オンラインでの募金はこちらから
http://sva.or.jp/er-donation

本件に関するお問い合わせ先 
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 
担当:緊急救援室 高橋

※尚、仮設教室建設・トイレ建設の事業はジャパン・プラットフォーム(JPF)からの助成金を受けて実施しています。

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト