シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 暗い悦び、密かな愉しみ

暗い悦び、密かな愉しみ

2012.5.10   スタッフの声

こんにちは。
経理担当、黒澤です。

ああ、またブログ当番が回ってきてしまいました。
このブログは、基本的にSVAの事業に関連したことを書くことになっています。
わたくしのセレブな日々とか、華麗なる私生活とか書いちゃダメなんです。
そうすると、毎回言ってますが、書くこと無いんですよ~。経理はね~。

さて、SVAの年度末は12月。総会で決算が承認されるのが3月。
ようやく落ち着いた頃、書類の整理をいたします。
順繰りに

 昨年度分 → キャビネットにしまう
 一昨年度分 → 箱詰めして倉庫へ
 保存期間を過ぎたもの → 廃棄処分へ

となるわけです。

SVAの事業年度は1-12月ですが、補助金の精算は3月締め切りというのが多いので、
しばらくそのままにしておいたところ、連休明けになってしまいました。

                             箱詰めした2010年度書類

私は昭和の女(女って書いて「ひと」って読んでね。歌謡曲っぽく)、アナログ人間なので
書類のファイルにはボール紙(板目紙)、昔ながらの黒い綴じ紐を使用します。
仕事で使う事務用品、文具類には全くこだわりませんが、糸くずみたいな模様の大学ノート
とか、薄茶色のクロスのバインダーとかはちょっと好き。実際使ってはいませんけど。
まあ、お金がかからなければ何だっていいです。

箱は絵本を届ける運動のお下がり、紐も何年か後の書類処分の時にまた回収して再利用、
領収証を貼付する台紙はもちろん使用済みの紙の裏です。
経理担当たるもの、率先して経費削減に努めねば…ってほどのことでもありませんけど。
当然ですよね。

昨年、私を通り過ぎて行った男たち。失礼、書類たち。
伝票とか証憑とかです


ところで、昨年の書類の表紙は全て黄色、一昨年のものは緑が使われているのがわかり
ますか。
このように、年度によって色を変えていて、ピンク→緑→黄→青のローテーションです。
ここには写ってないけど、総勘定元帳(帳簿の王様)のファイルの色もお揃いなの。ウフッ
って、何の必要があってのブリッ子(死語)なんだ。

今年度は青!です。
う~ん、分かりやすい。自画自賛!
前任者のやり方を踏襲しただけですけどね。

私の仕事は、とりたててブログに書くようなことなんて何もない地味な仕事ですが、
色鉛筆で色を塗っている時、その時だけ、ちょっと、ちょっとだけ、ほんとにちょっとだけ
楽しいです。

暗い?

つまらん。経理の話はつまらん。

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト