シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 売上の一部がチャリティに~regatyチャリティTシャツ販売

売上の一部がチャリティに~regatyチャリティTシャツ販売

2016.6.8   東京事務所より

チャリティブランド「regaty」 から、売上の一部が寄付になるチャリティTシャツが販売されました。(販売期間:2016年6月1日~15日)

regatyチャリティTシャツ(シャンティ)

regatyは世界中の社会問題を多くの人に知ってもらい、その解決に取り組むボランティア団体を継続的に支援していくチャリティブランドです。問題解決のため、regatyは毎月2つのボランティア団体とコラボして、15日間の期間限定でTシャツを販売しています。Tシャツが1枚売れるごとにパートナー団体に700円が寄付される仕組みです。

Tシャツのデザインは各国の織物をイメージ

デザインのテーマは、シャンティの活動を特徴である「本」や「教育」です。Tシャツには、シャンティが活動している国の織物の柄がデザインされた本をイメージしたイラストがプリントされています。(左から順にカンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、アフガニスタン)

regatyチャリティTシャツ(シャンティ)_男性regatyチャリティTシャツ(シャンティ)_女性

また、Tシャツには吉田松陰の名言「今日の読書こそ、真の学問である(READING BOOKS TODAY IS TRUE STORY)」と書かれています。ぜひ、この機会にチャリティTシャツを選んでみませんか?

チャリティTシャツについて詳しくはコチラ

 

regatyのみなさまが10万冊ブックプロジェクトサポーターとして応援中

チャリティTシャツを販売している株式会社regatyのみなさまは10万冊ブックプロジェクトサポーターとして「まだ本を知らないアジアの子どもたちへ10万冊の絵本を届けたい!」のプロジェクトも応援してくださっています。

regaty代表取締役 藤田彰さん

regaty代表取締役 金野さん

regaty代表取締役 北村さん
上から、株式会社regaty代表取締役 藤田彰さん、金野さん、北村さん。

シャンティは、まだ本を読んだことがない子どもたちに10万冊の絵本を届けるため、クラウドファンディングサイト「READYFOR?」でプロジェクトを応援してくださる方を募集しています。

本を知らないということは、つまり字を学ぶ機会がないということ。
そして字を知らないことで、自分の子どもを死なせてしまう親がいます。

本を開くことは、未来を拓くこと。

一冊でも多くの本を一人でも多くの子どもたちに一緒に届けていただけませんか?

regatyのチャリティTシャツ販売は、2016年6月15日まで。
READYFOR?のチャレンジは、2016年6月30日まで。

みなさま、ぜひご支援よろしくお願いします。

regaty Tシャツが世界を変える

READYFOR?「まだ本を知らないアジアの子どもたちへ10万冊の絵本を届けたい!」

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト