シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 絵本を選んで難民キャンプの子どもたちに贈ろう

絵本を選んで難民キャンプの子どもたちに贈ろう

2016.7.19   アジアの図書館サポーター

_webMG_9073

難民キャンプの図書館に通う子どもたちに届けたい絵本はありますか?
皆さんのおすすめの絵本を教えてください。

シャンティでは今年、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプの21の図書館に新たに3冊の絵本を贈ることを計画しています。その3冊の絵本を皆さんと一緒に考えたいと思います。

本国ミャンマーの民主化が難民キャンプに与える影響は少なくありません。国際支援が減ることで食糧配給量の減少、教育や医療サービスの縮小が進んでいます。外に出ることができないキャンプの中では将来どうしていったらよいのか、不安が広がっています。自殺やアルコール依存などに人たちも増加しています。いま、難民キャンプは先の見えない厳しい状況に置かれている中、シャンティの図書館はだれでも安心できる場所として、運営を続けています。子どもたちは海外から届けられる絵本を手にして、世界を知り、夢や希望を持つことを知ることができます。

resize35. Naw Paw La Gay

皆さんも、小さい頃、本に助けられたり、本から新しい世界を知った経験があると思います。そんなエピソードやいま、キャンプの子どもたちに読んで欲しい絵本を教えてください。2016年12月末までの間、おすすめいただいた絵本の中から3タイトルを、現地のスタッフや難民キャンプの学校の先生など3名が選びます。

resize_MG_8161

 

絵本をおすすめする

皆さまのご参加お待ちしております!

※「絵本届ける運動」とは別プログラムです。

 

写真1,3枚目/川畑嘉文

 

 

 

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。