シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. アフガニスタン×RAP

アフガニスタン×RAP

2017.5.12   アフガニスタン東京事務所より

サラーム、事業サポート課の伊藤です。

突然ですが、アフガニスタン出身の女性ラッパーの話を聞いたことがありますか。

私はその存在を、昨年行われたUNHCR難民映画祭にて知りました。

彼女の名は「ソニータ」。

紛争が続くアフガニスタンからイランに10歳の頃に難民として逃れてきました。

祖国へ馳せる思い、祖国にいる家族を想う気持ち、しかし祖国へ帰れば強制的に結婚を強いられる現実。

一見、どこにでもいる様な今時の女の子が、社会の不条理をラップにぶつけながら人生を切り開いていく様子が描かれたドキュメンタリー映画です。

押し寄せる将来への不安と戦いながらも、自分の力で力強く歩んでいく彼女の姿は、とても勇ましく感じると同時に、厳しい現実に胸が痛くなりました。

彼女は現在も、児童婚を禁止する活動家として活躍している様ですが、その存在はきっと多くの女性を励ますことと思います。

本映画は今年の夏に劇場公開も予定している様です!

~アフガニスタン難民 女性ラッパーは叫ぶ~

 

 

 

 

 

 

 

 

s_4

こちらの写真は、当会のジャララバード事務所内にある子ども図書館にて、

今年3月8日の国際女性デーをお祝いした際の様子です。

子どもたちが自分たちの意志で自由に人生を歩める様、貢献したいと改めて思いました。

いつも当会のブログを読んで頂き有難うございます。

(トップ画像Credit: Shuka Kalantari)

 

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト