シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 【カンボジア幼稚園】ペットボトルのキャップから…伝えたい想い

【カンボジア幼稚園】ペットボトルのキャップから…伝えたい想い

2017.6.23   カンボジア

スオスダイ~(こんにちは in クメール語)

カンボジア事務所の澤井です。

カンボジアは雨季まっただなかで、突然雨が降ります。

IMG_20170608_120613

大雨・小雨、種類さまざま、雲行きが怪しくなったら要注意です。

*****

さて、先日6月12日~15日まで、カンボジア幼稚園のモニタリング・天竜厚生会(後述)の現場指導を行いました。

幼稚園訪問・振り返り・講義・アイディア出し・制作活動…などが行われ

幼稚園の先生はじめ、州教育局や教育省幼児教育局の担当者も参加し、実り多きものとなりました。

本事業は、JICA草の根技術協力事業の一環で、協力団体の社会福祉法人天竜厚生会と行っています。

日本よりはるばる、天竜厚生会の保育士の先生方にお越しいただき、現場指導を行っていただきました。

その中の、廃材を使った制作活動を一部ご紹介(^0^)/

Bottlecaps

このきれいに分けられたペットボトルのキャップ

いったい何に生まれ変わるのでしょうか……?!


DSCN3529

作り方の説明を聞き、みんなで役割分担をして、

切ったり

貼ったり

色を塗ったり、、、

三つ並べ

三つ並べの完成!
三つ自分の柄のキャップを、縦・横・斜めのどこかに1列そろえたら勝ちです。

ルールを教わりながら、楽しんでいました。

DSCN3539

こちらはオセロチーム。
カンボジアにも似たようなゲームはあるものの、ルールが少し難しかったようです。オセロ

つまようじを刺して、コマを制作中!

DSCN3543

おそるべしペットボトルキャップ、、、

無限の可能性を秘めています。

ペットボトルキャップや廃材、簡単に手に入るものでできるおもちゃ作りは、先生方に大好評でした。

ここに、天竜厚生会の保育士の先生からの大事なメッセージがあります。

*
*

「今ここで楽しんだ経験を、

今度はぜひ子どもたちと一緒に共有してほしい」

*
*

カンボジアの幼稚園では、物をそろえて、飾り付けて、各コーナーを作って…など

まだまだ目に見える「もの」に注目しがちな傾向があります。

その「もの」に対して、子どもたちはどう反応するか?

どうしたら興味をもってくれるか?

そのためには、先生も一緒になって楽しむのが1番!

子どもの目線になって楽しむことで、自然と子どもの気持ちや興味がわかります。

常に、「子ども中心」に考える大切さを

天竜厚生会の皆さまと協力して、これからも伝えていきます。

カンボジア事務所 調整員 澤井

★過去のカンボジア幼児教育事業のブログ
2017年2月28日  カンボジア幼稚園 ビフォー・アフター!
2016年11月26日 国際協力の現場における信頼関係の構築
2016年10月28日 おはなしからはじまる「多文化共生」
2016年10月28日 日本の幼児教育をカンボジアへ~静岡での幼児教育研修
2016年8月5日  なぜ幼児教育?~カンボジア・幼児教育研修会ダイジェスト
2016年4月12日 カンボジア・幼児教育事業指導!~子どもたちのより良い成長のために~
2015年9月3日 怒涛の対象幼稚園選定調査

★カンボジアへのご支援をよろしくお願いします!
詳しくはこちら

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト