シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. サマーイベントでの新しい連携

サマーイベントでの新しい連携

2017.8.15   東京事務所より絵本を届ける運動

夏休みはどのようにお過ごしですか。
広報課の鈴木晶子です。

先日、NPO法人キッズドアの学習会に通う中学生・高校生13名が、JPモルガン証券株式会社のイングリッシュ・サマーファンイベントに参加しました。
このサマーイベントで、シャンティの「絵本を届ける運動」の翻訳絵本つくりに参加いただきました。

社員の皆さんも、中高生の学生さんも翻訳絵本づくりは初めての体験。
最初は見守っていた社員の皆さんも、気がつけば学生たち以上に夢中で切ったり貼ったりと真剣な表情。
自分の名前を現地の言葉で書く時には、初めて見る言語の「あいうえお表」とにらめっこしながら、何度も名前を書く練習を繰り返していました。

絵本づくりが終ったグループでは、世界のことに話題が広がります。
「この国どこか知っている?」と、翻訳シールを貼った絵本を指差しながら、社員ボランティアが声をかけると、
「知らない」と参加学生。
そこで、社員ボランティアが急遽世界地図を書き始め、アメリカ人の社員さんが、「私はここの国に行ったことがあるよ」と解説がスタート。
社員の皆さん、学生たちが一体となって、翻訳絵本を通して世界のことを知るきっかけとなりました。

参加した男子学生からは「この活動は、僕たちにとっても、絵本を受け取る子どもたちにとっても、両方にとってとても良い活動ですね」とのコメントを頂きました。

当日の様子はNPO法人キッズドアのブログでも紹介されています。
NPO法人キッズドアブログ

今回の取り組みは、NPO法人キッズドア、JPモルガン証券株式会社の企画イベントでシャンティの「絵本を届ける運動」に参加頂きました。
海外で教育支援活動を行うシャンティが、日本国内のNPOや企業と3者で連携した取り組みはこれまでに少なく、新しい連携の形に活動の広がりを感じました。

夏休みにボランティアに参加してみたい皆さん。
子どもボランティア企画をお考えの皆さん。
シャンティでは、夏休み特別キャンペーンとして、下記を実施中です。
ぜひ、ご参加ください!
夏休み子どもボランティア「おやこで絵本をアジアに届けよう」キャンペーン2017

ワークショップ前のお話

ワークショップ前のお話

名前を書くのは難しい

名前を書くのは難しい

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト