シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 第四回「図書館にいる人びと」

第四回「図書館にいる人びと」

2017.10.17   ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

こんにちは。
ミャンマー(ビルマ)難民事業事務所の「図書館にいる人びと」第四回をお届けします。
今回ご紹介するのは、キャンプでの研修会開催時にちょうど図書館に本を探しに訪れた男性、キャンプで図書館員として働いている女性、そして大勢の子どもたちが隣の部屋で歌やグループゲームをする中で黙々と読書に励んでいた男性です。

英文の投稿は、事務所Facebookページでご覧いただけます。

●「図書館にいる人びと」のストーリー
20170726_BDY (20)_FB

「この場所に移り住んでから、私はいつもここに本を読みに来ます。ここには10年近く暮らしています。2008年からです。
私は今、58歳です。家族と一緒に住んでおり、子どもが3人います。一人は学校に行き、一人は病院で働き、そしてもう一人は先生をしています。
私はいつも読書をしに図書館に来ます。なぜかって?それは、私たちは本を読むことでより知識を得られるからです。それから、さまざまな近況を知ることができます。ニュースが届いたら私たちはその情報を得ることができるのです。そしてもちろん、他の多くの人にも役に立っていますよ。」
―2017年7月、バンドンヤン難民キャンプにて


20170725_TH (2)-FB

「私は1980年に生まれました。2007年か2008年ごろに、難民キャンプに移ってきました。そしてキャンプで働いています。人びとはキャンプ内で働くことを勧めてきました。そして図書館で働くことを勧めました。
図書館の仕事は協力が欠かせません。これまで2年間働きました。図書館活動で協力する中で、私たちは子どもや大人に多くの本を借りるように奨励します。また子どもたちに向けては、読み聞かせを行い、ゲームやお絵かき、歌を歌うなどの活動をします。私たちは子どもたちが楽しんでいて、大勢で図書館に来る様子を見ています。彼らに活動を実施する度に、彼らはとても喜んでいます。図書館活動への参加を呼びかける度に、彼女らはそれらを楽しんでいるよと言っています。
そして大人への貸し出しに関しても、みな様々な本を気に入っているようです。雑誌や、小説、いろいろな種類の本です。そのうちの何人かは、図書館に来て『新しい本は届いていませんか』と尋ねてきます。ですので、彼らは新しい本をとても読みたいのでしょう。」
―2017年7月、タムヒン難民キャンプにて


20170811_MLA_No.3 (4)-FB

「私はラングーン(ヤンゴン)で医学部を卒業しました。その後、医学の教鞭もとりました。今は新世界秩序について本を書くために、歴史や社会科学、人類学を学んでいます。ですので、今読みたいものは歴史の本やテクノロジーの雑誌です。私は未来学を勉強しているところなのです。この図書館は自分にとってとても有益で、役立ちます。そして、私は新しい世界秩序についての本を書く準備ができています。
2010年にラングーン(ヤンゴン)からここに来ましたが、私は政治犯でもありました。ですので、ビルマ政府は好きではありません。独裁政権です。そのため、私は国境を越えてラングーン(ヤンゴン)を離れました。
今、私はビルマに戻りたくありません。なぜなら、私は政府を信用しないからです。私たちの政府は未だ2008年の憲法のもとにあります。この法は軍事独裁政権のものです。そのため、私は政府を信用していません。戻りたくありません。新しい国に第三国定住したいと思っています。私たちはいつも、ビルマを、そしてその政府を、恐れています。」
―2017年8月、メラ難民キャンプにて


●●●
私はキャンプを訪れた際に、図書館にいる人びとへのインタビューをする機会を見つけて、お話を聞いているのですが、カレン語を話すことができない私にとって、現地スタッフの協力が欠かせません。ときに英語を話すことのできる図書館利用者に出会った際には、自ら話を聞くことができるのですが、そのような機会はあまり多いとは言えません。
そして、今回最初に紹介した男性は、カレン語ではありますが、その中でもポーカレン語話者でした。カレン語はスゴーカレン語とポーカレン語という2種類に大きく分けることができますが、事務所の現地職員はみな、スゴーカレン語を話します。キャンプにもよりますが、多くがスゴーカレン語を使っているようです。
例えば、最近教えてもらったのは、ポーカレン語で、ごはん(お米)は「ミー」といいますがスゴーカレン語では「メー」といいます。なので、みながよく言う「ごはん食べる」は、ポーカレン語では「オメー」といい、スゴーカレン語では「オンミー」(のような発音)となります。
幸いにも、スゴーカレン語話者とポーカレン語話者はお互いにある程度は理解しあえるようであり、無事ポーカレン語話者の図書館利用者の方のお話を聞くことができました。

ミャンマー(ビルマ)難民事業事務所の活動へのサポート、誠にありがとうございます。
今後とも、新たにご支援を始めていただける方を募っております。こちらのリンクを参照ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

ミャンマー(ビルマ)難民事業事務所 田村

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト