シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. サラソティ小学校について(2)-学校の敷地

サラソティ小学校について(2)-学校の敷地

2018.2.18   ネパール寄付募集中

DSCN0525

ネパール事務所長の三宅隆史です。今回は2018年の建設対象校の一つであるサラソティ小学校の敷地についてお伝えします。

ネパールの学校建設地の特徴

サラソティ小学校には2015年の震災前、3教室の校舎が2棟と、2教室の校舎が1棟、計8教室ありましたが、1棟は全壊し、写真の奥に見える1棟は半壊しました。写真の右手の2教室の1棟のみ被害が少なかったので現在も教室として利用しています。

そこで今回、2教室を1棟、3教室を1棟の建設を行います。私は以前、アフガニスタン事業を担当していたのですが、ネパールとアフガニスタンの学校の違いの一つは、ネパールの山間部の学校は敷地が非常に狭いという点です。アフガニスタンでは5教室が必要な場合、5教室の1棟を建設すればよいのですが、この学校には5教室の校舎を建てることのできる敷地がありません。そこで2教室と3教室の2棟を建設するわけです。多くの学校では運動場も狭く、運動場が斜面になっている学校もあります。運動場が狭いということは、地震が起きた時の避難場所の狭さを意味します。

残り2教室分の建設費用を募っています!

当会が今年建設する3教室の1棟は外務省の支援が決まっていますが、民間支援で建設する2教室1棟は資金が不足しています。1,000円からのご寄付を受け付けています。

安全な環境の中での学びを!【ネパール支援募金】

 

ネパールの支援地を巡るスタディツアーも開催

ネパールへのスタディツアーの参加者も募集しています。

【募集中】スタディツアー「ネパールを見る!知る!学ぶ!ツアー~ネパールの仏教文化と復興支援活動について考える~」開催!

ネパールの学校建設に関する関連記事

サラソティ小学校について(1)-学校の名前

サラソティ小学校について(3)-学校の児童数

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。