シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. サラソティ小学校について(4)-学校にある菩提樹

サラソティ小学校について(4)-学校にある菩提樹

2018.3.2   ネパール寄付募集中

IMG_20180223_145635_R

ネパール事務所長の三宅隆史です。今回は建設対象校であるサラソティ小学校にある菩提樹についてお伝えします。

サラソティ小学校の敷地には樹齢100年以上の菩提樹の樹があります。ネパールでは菩提樹は信仰の対象となっており、定期的に住民は祈りをささげます。ペアで植えられていることが多く、葉の形で男性の樹(右側)と女性の樹(左側)が区別されています。

人びとは菩提樹の下で休んだり、話をしたりしてゆったりとした時間を過ごします。菩提樹の後ろに見えるのが2015年の地震によって半壊し、使われなくなった校舎です。

残り2教室分の建設費用を募っています!

当会が今年建設する3教室の1棟は外務省の支援が決まっていますが、民間支援で建設する2教室1棟は資金が不足しています。1,000円からのご寄付を受け付けています。

安全な環境の中での学びを!【ネパール支援募金】

 

ネパールの支援地を巡るスタディツアーも開催

ネパールへのスタディツアーの参加者も募集しています。

【募集中】スタディツアー「ネパールを見る!知る!学ぶ!ツアー~ネパールの仏教文化と復興支援活動について考える~」開催!

 

 

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト