シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 札幌でクラフトエイド商品が買える店『みんたる』にお邪魔しました!

札幌でクラフトエイド商品が買える店『みんたる』にお邪魔しました!

2018.7.4   クラフトエイド東京事務所より

こんにちは。クラフトエイドの高橋です。
あっという間に梅雨が明け、東京は本格的な夏のような暑い毎日ですが、皆さま体調崩されたりしていませんか?

さて、クラフトエイドの一員になって2ヶ月の私ですが、初めての出張に行ってきました。場所は、北海道札幌市。せっかくの機会に私たちの商品を販売してくださっているお店にお邪魔してきました。

こちら、『フェアトレード雑貨&レストラン みんたる』さん。JR札幌駅から徒歩15分ほどの場所にありました。

2_WP_20180628_18_54_32_Pro

「みんたる」はアイヌ語で、「人々が交流する場所」や「広場」という意味。店主の和田さんは、大好きなアジアやアフリカを旅しながら手作り品に魅了される一方で、貧しさから学校に行けない子どもたちがいることを知り、自分にも何かできることがあるはず、と『みんたる』をオープンされたそうです。

手作り品が大好きで、「ついついたくさんの商品を仕入れてしまうの。お客さんに、今の商品が売れてからにしなさい!といわれるくらい」と笑う、和田さん。
店内には和田さんのこだわりと想いで選ばれた一点ものの商品が、ところ狭しと並んでいました。WP_20180628_17_31_47_Pro

お邪魔した日は、フェアトレードフェスタ2018 inさっぽろ の後で、戻ってきていない商品も多いとのことでしたが、ちゃんとクラフトエイドの商品とリス族の紹介コーナーもありましたよ!

1WP_20180628_18_45_24_Pro

『みんたる』のもうひとつの特徴は、お客さんとの距離がとても近いこと。

私がお邪魔していた短い間にも、お仕事帰りにちょっと立ち寄るご近所さんや、イベントお手伝いはお手もの!まるで店員さんのようなベテランお客さん?!など、たくさんの方が、こんにちは~と寄っていかれました。
そのたびに、クラフトエイドの高橋さん、と紹介していただき、皆さんからは、商品使ってます!とか、ここがこうだったらもっといいのに、など言っていただき、どんどん会話が広がっていきました。

私たちクラフトエイドはお店を持っていないので、このように商品を販売していただく場所は、手作りで一点ものの商品たちを実際に見て触っていただけるのでとても貴重です。
店主 和田さんの、自分が好きなものを売る!という気持ちが作り手の想いに加わって、商品に新たなストーリーが重なるのかな~などと感じました。
それを買っていただく皆さまの想いも、どんどん加えていってもらえると、とてもうれしいです!

とても居心地のよい『みんたる』
札幌におでかけの際には、ぜひ行ってみて下さいね!

その他、クラフトエイドの商品が買える全国のお店リストはこちらです。
お近くのお店がありましたら、ぜひクラフトエイドの商品に触れてみてください。

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。