シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. CRAFT AID お宝大放出!

CRAFT AID お宝大放出!

2018.7.29   イベントクラフトエイド東京事務所より

こんにちは。クラフトエイドです。
今日は、8/3から上野のGALLERY心で開催されるイベント「民族かふぇ夏-アジアの手仕事と原画展-」についてのお知らせです。
GALLERY心は上野にある古民家ギャラリーで、田舎のおばあちゃんちを訪ねたときのような、初めて来たのにどこか懐かしく安心感のある、とても素敵な空間です。
(ギャラリー心HP http://www.galleryshin.tokyo/
風情のある扉をあけると、代表の土井さんが迎え入れてくれます。(写真右)
お会いする度にいつも思いますが、土井さんの笑顔には優しいお人柄が滲み出ていますね。
s-doisan

クラフトエイドが主催する今回のイベントは、2部構成で開催致します。
第1部 8/3~8/12
https://www.facebook.com/events/231741124107627/
第2部 8/30~9/11

第1部となる今回は、CRAFT AID 30年の歴史の中で積りに積もった、今では作ることが難しくなってしまった古くからの技術を使ったもの、現地で購入したサンプル品、文化を伝える為に大切に保管していたタペストリーなどを大放出します!
こういったものをみなさまに紹介・販売するのは今回が初めての試みです。(販売はオークション形式となります。)
これまでずっとファンでいてくださっているみなさまにも、新しい出会いがきっとあると思いますよ!

さて、今日はオークションに出品する商品の一部を紹介致します。
s-モン族のタペストリー
まずはモンのタペストリー。

「自由な人々」という意味の「モン」は、中国を起源とする「苗(ミャオ)族」の一派と言われています。歴史も古く、古くから水稲文化が発達し、弥生時代に日本へ稲作を伝えたと言う説もあります。
長い歴史の中で漢民族に追われ、その過程で文字を捨てたため、今も文字はありません。そのため、自分たちの生活習慣や歴史を、絵を描くように刺繍するという習慣ができたようです。
このタペストリーは、「ライフシーン」と呼ばれている、生活様式を記録しているものです。制作されたのは10年近く前のラオス。経済発展とともに物価も上昇し、もう以前のお値段で制作をお願いすることはできません。そして、刺繍人口が急激に減っていく中、やはり昔のものの方が丁寧で高度な技術で刺されているように見えます。
タペストリー拡大

また、モン族のひとたちは、山岳少数民族と呼ばれている人たちの中でも、特に自分たちの文化に誇りを持ち、独立心が高いと言われています。普段はTシャツなどを着ていますが、何かあるごとに若い人たちも衣装に身を包み、自分たちの文化を残そうという気持ちが際立って強いように思います。
IMG_3661_edited

s-IMG_6274
残念ながら販売はしませんが、是非紹介しておきたいのが刺繍絵本です。
先ほども書いたように、モン族の人たちは文字を書かないため、紙の文化もなく、絵を描くこともありませんでした。「絵は描けないけれど、刺繍ならできる」と難民キャンプ時代に作られたのがこちらの刺繍絵本です。
なんとも言えない表情の人物や動物たちに癒されますね。

s-IMG_6276
次に紹介したいのがミェン族のジャケット。

この商品も10年ほど前にタイで制作されたもの。刺繍をよく見ると、クロスステッチではありません。
s-IMG_6278
ミェン族は刺繍の技術が一番高い民族と言われています。女性の器量は「容姿」ではなく、刺繍の技術で計られます。この民族衣装のズボンをご覧ください。表裏にびっしりと刺繍が施されています。
s-IMG_6279
s-7031
これは、様々な刺繍の技法を使って裏から刺されているものです。女の子は物心つくと刺繍を始め、10歳までにこのようなズボンを自分で作れるようになるように教わります。100種ほどあるという言われている技法を学び、自分でも独自の技法を作っていくそうです。この裏から刺す刺繍は技術が難しく、今このズボンに使われているような刺繍をオーダーすると、できる人が限られ、お値段もとても高くなってしまいます。クラフトエイドで今取り扱っているのは、クロスステッチの幾何学模様ですが、サイズにぴったり合わせる模様の技術はさすがに素晴らしいです。
1509

さて、このジャケットお話しに戻りますと、このジャケットはその『裏から刺す技法』 で刺繍されています!民族衣装のズボンは、制作に1-5年かかると言われています。このジャケットの刺繍を施すのに、どれぐらいの時間がかかっているでしょうか。もちろん、手刺繍です。もう恐ろしくてこのようなオーダーを出すことはできませんが、まだわずかにこのジャケットが残っています。
ちょっと大き目ですが、少し手直しをして着ていただいても、飾っても。。。
ミェン族の貴重な刺繍を堪能してください。

今日紹介した「モン族のタペストリー」「ミェン族のジャケット」は1日限り、オークションでの販売のみとなります。
他にも貴重な商品をたくさん出品します。
オークションに出品する商品はFacebookにて随時紹介しますので、是非チェックしてみてください!

民族かふぇ夏ーアジアの手仕事と原画展ー
https://www.facebook.com/events/231741124107627/

クラフトスタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしております^^
イベントの詳細・チラシはこちら!

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。