シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 【東日本】あれから8年

【東日本】あれから8年

2019.3.11   東京事務所より

2011年3月11日。あの日、みなさんは、どこで何をしていましたか?
そして、どんな気持ちで今日を迎えていますか?

東日本大震災から丸8年が経ちました。
「被災地」や「避難」という言葉を使っていいのか……。もう時間が経っているし、使ってはいけないんじゃないか……。考え方は人それぞれだと思います。

東日本大震災の活動に関わる中で、「もう被災地と呼ばれたくないから、復興に向けて頑張っぺ!」という方にも、「原発事故があって、うちは帰還困難区域。こんなんじゃ帰りたくても帰れねぇ。帰るまでずっと避難生活なんだ」という方にも出会いました。
それだけではなく、東日本大震災では様々な「被災」「避難」のかたちが生まれ、今でも苦しんでいる方もいれば、復興に携わって進んでいる方、新しい取り組みを始めた方もいます。

でも共通している想いがあると思うんです。
それは、「ふるさとを想う気持ち」ではないでしょうか。

私は被災地支援に関わるようになって、発災してかけつける場所ごとにある、その地域ならでは魅力を発見することが楽しくなりました。そこには東日本大震災の活動で得た「あたり前の暮らしの大切さ」を学んだからだと思います。
方言、食べ物、風土、空気感、景色。。。たとえ災害にあっても、その土地にしかない魅力は消えることはないんです。

もしかしたら、明日災害が起きるかもしれない。
もしかしたら、明日家がなくなるかもしれない。

そんなこと、毎日、常日頃考えていては疲れてしまいますよね。
でも、災害って、いつどこで起こるかわかりません。あたりまえにあった土地が一瞬にしてなくなる…そういうこともあるんです。

だけど、そうなったとしても、やっぱりその土地、ふるさとを想い生きていく人、生きる力がたくさんあります。
その想いが復興につながり、そしてそういう想いを持つ人や団体とつながり、一緒に頭を悩ませ活動していくのが私の仕事だと思っています。

震災から時間が経つにつれ、風化が騒がれ、その度に取材が入る。
3月11日、きっとニュースは東日本大震災の話題で溢れます。でも、3月11日だからこそ、静かにそっと、その時をむかえたいです。

今日は、気仙沼にいます。
その時を、現地のみなさんと過ごしたいと思います。日々の暮らしを大切に、これからも活動を続けていきたいです。

自分たちで作った竹灯篭に火を灯しました。

自分たちで作った竹灯篭に火を灯しました

国内緊急救援担当 飯島

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。