シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. ニュースレター「シャンティ」2019年春号(特集:子ども文化祭のこれまでと今)を発行

ニュースレター「シャンティ」2019年春号(特集:子ども文化祭のこれまでと今)を発行

2019.4.2   東京事務所より

ニュースレター「シャンティ2019春号」特集「子ども文化祭のこれまでと今」

こんにちは、広報担当の召田(メスダ)です。

シャンティが年4回、春夏秋冬に発行しているニュースレター「シャンティ」Vol.299(2019年春号)ができあがりました!

ニュースレター「シャンティ」は、シャンティの会員やアジアの図書館サポーターに最新号を郵送でお届けしています。

今回の特集は「子ども文化祭」です。

 

特集「子ども文化祭のこれからと今」

「子ども文化祭」とは、困難な状況にあっても夢と希望を持ってがんばっている子どもたちに、伝統舞踊や音楽を披露し合い、互いの文化を尊重し、平和な社会づくりに貢献して欲しいと願いを込めて開催してきた文化交流イベントです。第一回目が1996年にタイで開催されて以来、シャンティの各国事務所が主催し、2009年からはタイとミャンマー国境にあるミャンマー(ビルマ)難民キャンプで「難民子ども文化祭」として受け継がれてきました。

色とりどりの民族衣装を着た子どもたちが参加する「難民子ども文化祭」

「難民子ども文化祭」は大きく2つのプログラムにわかれています。さまざまな民族の子どもたちが入り混ざったチームで対抗ゲームを行ったりするレクリエーション(午前の部)と、普段は目にする機会が少ない多民族の踊りや音楽を披露し合うパフォーマンス(夜の部)が行われます。

「難民子ども文化祭」に参加した各民族の家族たちのポートレート写真

一口に難民キャンプと言えど、そこには多様な民族が暮らしています。衣装はもちろん、民族に伝わる言葉や舞踊は異なります。互いの文化を披露し合い、交流することで互いの理解が深まると考え「子ども文化祭」を開催してきました。

難民が直面する課題は「住む場所を追われた」だけではありません。難民問題の本質は「民族の文化的アイデンティティの喪失」です。命からがら身一つで祖国を逃れてきた人々が持ち出せる物は少なく、避難先では祖国の伝統や文化に触れる機会も限られます。祖国への帰還の目処が立たず、世界から取り残された感覚に陥ることも。

そんな中、自らの心に刻んだ文化的アイデンティティが、困難を乗り越える大きな力となっています。

★「難民子ども文化祭」について詳しくは「シャンティ・ブログ」もご覧ください。

難民子ども文化祭|シャンティブログ|

 

「世界のおやつ旅」もち米とバナナのおかし

毎号、各国のおやつを紹介するコーナーでは、カンボジアのおやつを紹介。ノム・アンソム・チェは、バナナの葉に包んで蒸されたお菓子で、中はバナナがもち米で包まれています。(* アンソーム・チェイと表記されることも)

カンボジアのおやつを紹介

どんな暮らしをしているの?「現地の子どもリポート」

以前、ニュースレターでアンケートを実施した際、「どんなことをもっと知りたいですか?」という設問に対し、多くの方から「子どもたちの生活・暮らしが知りたい」という回答がありました。

そこで、アジア各国の様子を伝える「世界の現場からAIRMAIL」のコーナーに「現地の子どもリポート」を追加しました。子どもたちがどんな暮らしをしているのか、紹介してもらっています。

子どもたちの一日を写真とイラストでご紹介

新コーナー「ファインダーをのぞいて」

シャンティのニュースレターをはじめ、年次報告書やウェブサイトなど、各制作物にたくさん写真を使わせていただいているフォトジャーナリストの川畑嘉文さんに、写真撮影の裏話コーナーを執筆いただきました。

新コーナー「ファインダーをのぞいて」では川畑嘉文さんが難民キャンプで撮影した一枚を紹介

 

ニュースレター「シャンティ」は電子ブックで閲覧可能

ニュースレター「シャンティ」はインターネット上でもご覧いただけます。ニュースレター「シャンティ」を読んでみたい!という方は、ぜひ電子ブックでご覧ください!

ニュースレター「シャンティ」Vol.299の電子ブック閲覧はコチラから

過去のニュースレター「シャンティ」紹介記事はコチラから

また、シャンティの会員やアジアの図書館サポーターには、最新号を郵送でお届けしています。

教育支援の成果は、目に見えて実感することは難しく、一朝一夕で達成できるものでもありません。その国の教育をよくするためにも、継続的に活動を支えてくださるご支援が不可欠です。

アジアの子どもたちに、よりよい教育の機会を届けられるよう、ぜひ、シャンティ国際ボランティア会の活動をサポーターとして応援いただけますと幸いです!

シャンティ東京事務所
広報課 広報担当 召田安宏

アジアの図書館サポーター

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。