シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. アフガニスタンに学校を!善光寺プロジェクト

アフガニスタンに学校を!善光寺プロジェクト

2009.5.25   アフガニスタン

こんにちは!

「地球に絵本のタネたねをまく」シャンティ国際ボランティア会(SVA)の広報、亀井です。

今年はちょうど、7年に一度の善光寺(長野県長野市)の御開帳の年です。

これにあわせ5月31日まで開催されている「地球のみんながひとつになるプロジェクト」に、

先日お邪魔しました。

このプロジェクトは、善光寺の門前にある家具屋の松葉屋さんが、

「学校が圧倒的に不足しているアフガニスタン。

ひとりでも多くの子どもが学校に通えるよう、小学校を建設したい!」

というお気持ちから始めたものです。

(学校建設はSVAが請け負わせていただきます)

家具屋の店頭で、

イランから招へいした、じゅうたん「ギャッベ」の織り娘さんによるデモンストレーション。

ほっとシャンティ SVAブログ-May22_23長野出張
すべて手作業で行うため、完成までに何か月から何年もかかることも。

さらに、これまたイランから取り寄せた茶器「サモワール」を使用して淹れた紅茶「チャイ」teaの販売。

ほっとシャンティ SVAブログ-May22_23長野出張

向かって一番左に見えるポットが茶器「サモワール」。

そしてこれらの収益の一部を、学校建設資金に充てるという仕組みです。

「チャイ」と聞くと、

ミルクティーでシナモンの入ったインドの紅茶をイメージされるかたが多いかもしれませんが、

イランのチャイはストレートでいただきます。

お砂糖のかけらを紅茶に少しひたしてからかじる、

そして紅茶をすする、というめずらしい飲み方に、

行きかう人も興味を示して足をとめてくださいました。

この日は、近くの大学より、元気な4人のボランティアの大学生がお手伝いに参加。

お店のかたは、

「プロジェクトには、たくさんのかたが協力をしてくださっていて、


あたたかいお気持ちが本当にありがたいです」

とお話されていました。

テレビや新聞でも頻繁に取り上げられ、注目を浴びているこのプロジェクトは、

5月31日までの期間限定の開催です。

善光寺に行かれるかたは、ぜひお立ち寄りください!

松葉屋さんによる「地球のみんながひとつになるプロジェクト」のブログもあります。

→ http://ameblo.jp/afghan-school/

SVAスタッフ山田がお邪魔したときの記事はこちら。

→ http://ameblo.jp/sva-pr/entry-10251854524.html

SVAアフガニスタン事業についてはこちら

→ http://www.sva.or.jp/afghan/

ペタしてね

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。