シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. カンボジアのお正月

カンボジアのお正月

2013.4.10   カンボジア

4月8日付けでSVAカンボジア事務所、伝統文化復興事業担当として着任しました。牛田真由です!!皆さま、これからよろしくお願いいたします!

山梨県で育ち、高校・大学時代は東京で過ごしました。高校時代の留学でひどい差別を経験したことをきっかけに国際問題に興味を持ち、大学では開発経済を専攻致しました。それも、少しでも世界の貧困問題がなくなってほしい、少しでも平等な世界になってほしい、という気持ちがあったためです。大学時代の様々な経験から、私が平和な世界へのツールとして最終的に興味を持ったのが『仏教』でした。

カンボジアの人々にとって、仏教は生活、倫理、アイデンティティーの基盤でありました。しかし、ポルポト政権以降、カンボジア仏教は衰退してしまいました。これからカンボジアが経済発展していくにあたり、心の面を置き去りにしないためにも、私は教育と共に仏教の発展も応援していきたいです!!

赴任してから早速、暑さに負け、一人で街を出歩く怖さを味わいました。寂しさから、一人ぼっちのアパートで夜は大泣きをしました。しかし、応援して送り出してくださった方々、事務所でいつも暖かく手取り足取り教えてくださる職員の皆さまへの感謝の気持ちを忘れないことで、これから一年間、目の前の全てのご縁を大切にし続けたいと存じます。

着任して二日目の4月9日に、早速Khmer New Year Party(カンボジアのお正月の行事)に出席致しました。僧侶の方が二人きてくだり、新年のお祓いをしてくださりました。一時間もかけて行われた儀式の中で僧侶を心から敬っている姿を見て、カンボジアの方の信仰の深さに驚きました。読経中、目を閉じ精神を集中させると、僧侶と参加者のお経の声がシンクロし、音楽を聴いている様な心地よさを感じました。そして、ちょうどウトウトとし始めたその時・・・

パシャっと水が体にかかりました。たくさんのお花が入った桶から、小さな箒で水を汲み上げ、それを参加者に向かってかけるのです!さらにはお花をばら撒き始めました。私の体は、水とお花にまみれ、終わった後は放心状態・・・。

後で、スタッフの方が教えてくださったのは、ヒンドゥー教と仏教が、カンボジアではミックスされ、水をかける行為もヒンドゥーからきた、と教えてくださいました。

日本とはかけ離れたカンボジア仏教に興味津々であります。

IMG_8413



DSC09729

IMG_8420

夜は、パーティーがあり、今までカンボジア事務所で活躍されていた大先輩方ともお会いすることができました。お話する中で、二人の現地職員から、カンボジアの伝統文化復興事業と、教育についての熱い思いを聞かせて頂き、感動しました。自分の国を、こんなにも大切に想い、子供たちのために自分の身を精一杯使っている姿が、とてもかっこ良かったです。一人で日本を離れた寂しい気持ちより、一緒にSVA職員と、カンボジアの未来のために頑張りたい気持ちになれました。

IMG_8430

IMG_8435

これから、よろしくお願いします!!!

カンボジア事務所

伝統文化復興事業担当

牛田真由

 

 

 

 

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト