シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 高床学校

高床学校

2009.10.13   カンボジア

雨期のカンボジアは緑が濃く

景色がとても美しいです。

さて、今週は来年から始まるプロジェクトの事前調査のため、

タイ国境のバンテアイミンチェイ州に来ています。

サンプリングして選んだ学校に

1日3校×2チームが1週間かけて訪問し、インタビュー調査を行います。

SVAスタッフ、州教育局、郡教育局と一緒に学校へ。

昨日訪問した学校の1つは

コンクリート校舎1棟、木造校舎1棟、幼稚園から6年生までが通う衛星校です。

雨水が溜まった学校の周辺は大きな池のようになっていますが

高床式の校舎なので、教室の中には水は入ってきません。

しかし、校舎に行くまでに靴も足もドロドロに!

そんな時のために足元はいつも濡れてもよいサンダルだから大丈夫!

ほっとシャンティ SVAブログ-高床学校

休み時間中だったので、私たちが到着すると生徒たちがみんなお出迎え。

ほっとシャンティ SVAブログ-職員室

インタビュー調査は校長先生と図書館員の先生対象なので

職員室で行います。

隣からは1年生の元気な声が聞こえてきます。

この学校は図書室はなく、職員室に本が置いてあります。

下の写真の手前の机の上に並べられているのが絵本です。

数十冊のボロボロになった絵本が机に並べられており、

休み時間になると、生徒が読みに来るんだよと校長先生が話していました。

ほっとシャンティ SVAブログ-木造校舎の子どもたち

前日から校長先生のお母さんが入院し、昨晩は病院に泊まっていたんだと話す校長先生。

子どもたちにもっと絵本を読んでほしいんだけど、これだけしか本がないから

なかなか難しいと話していました。

10月から新学期が始まり、

1年生にとってはまだ慣れない学校生活で、

これから文字を習う子どもたちですが、

絵本が学ぶ意欲につながってほしいなと思った調査1日目でした。

カンボジア事務所

鈴木晶子ガチャピン

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト