シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ

ネパールの学校の様子

サラソティ小学校について(3)-学校の児童数

2018.2.23   ネパール寄付募集中

ネパール事務所長の三宅隆史です。今回は建設対象校であるサラソティ小学校の児童数についてお伝えします。 校舎ができれば必ず子どもたちは戻ってきてくれる サラソティ小学校には、2015年の大震災前は約105人の児童が本校に通っていました。しかし、震災によって3棟の8教室が崩壊・半壊したので、...

Blog_8

第八回「図書館にいる人びと」

2018.2.22   ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ /   

こんにちは。 今月紹介するのは、メラマルアン難民キャンプの若い図書館員さん、タムヒン難民キャンプの高等学校の先生、そしてヌポ難民キャンプのキャンプ委員会の職員さんです。 ぜひ読んでいただけると幸いです。 ●「図書館にいる人びと」のストーリー 「私の名前はノー・シー・エー・...

クラフトエイドで販売されている「ラオスの森ポーチ」ではモン族の生活の様子が刺繍されています。

母語を守るためのモン族のユニークな工夫

2018.2.21   クラフトエイドラオス

サバイディー(ラオス語でこんにちは) ラオス事務所の半田です。 今日、2月21日は国際母語デーです。 国際母語デーとは、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)が言語と文化の多様性、多言語の使用、そしてあらゆる母語の尊重の推進を目的として、1999年に制定しました。 あまり知られ...

緊急開催「テロと難民 女性不安に陥ったアフガニスタンの今」

【緊急開催】テロと難民 情勢不安に陥ったアフガニスタンの今

2018.2.21   アフガニスタンイベント

イベントは終了いたしました。多数のご参加、まことにありがとうございました。 連日、反政府武装勢力による攻撃が続くアフガニスタンでは、多くの死傷者が出て、人道支援の従事者も命を落としています。2016年から数十万人の難民が帰還していますが、タリバン、IS、政府軍による戦闘が勃発し、多くの...

scoreboard

【南相馬】未来への決意を綴った記念誌『われら世紀の朝を行く』

2018.2.20   東日本復興支援

小高図書館の棚に置かれていた、南相馬市立小高中学校の記念誌『われら世紀の朝を行く』を借りてきました。 2018年1月に発行されたばかり。 小高、福浦、金房という地域に3校あった中学校の開校70周年、そしてその3校が小高中に統合され45周年にあたってまとめられたもの。記念誌らしく、統合後の...

無題

【イベントボランティア募集】佐賀県、山形県、愛知県

2018.2.18   アジアの図書館サポーター

【イベントボランティア募集】 皆さん、こんにちは。 まだまだ寒い日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。 今年も全国で開催される梅花大会で、 クラフトエイド商品の販売や活動報告をさせていただきます。 梅花大会とは? 正式には、曹洞宗梅花流奉詠大会といいます。 地...

DSCN0519

サラソティ小学校について(2)-学校の敷地

2018.2.18   ネパール寄付募集中 / 

ネパール事務所長の三宅隆史です。今回は2018年の建設対象校の一つであるサラソティ小学校の敷地についてお伝えします。 ネパールの学校建設地の特徴 サラソティ小学校には2015年の震災前、3教室の校舎が2棟と、2教室の校舎が1棟、計8教室ありましたが、1棟は全壊し、写真の奥に見える1棟は半...

新しい校舎で絵本を開く生徒たち

シャンティ・デビ小学校の校舎が完成しました!

2018.2.14   ネパール

こんにちは、シャンティ国際ボランティア会の竹内です。 2015年に発生した大地震により、ネパールでは子どもの学びの場に壊滅的なダメージを受けた場所は少なくはありません。被害の大きかったヌワコット郡の学校校舎建設を目指し、昨年クラウドファンディングに挑戦し、何とか成立することが叶いました。皆さま...

IMG_0228

【東日本大震災】「東北に、よりそって」製作まっただなか!

2018.2.12   東日本復興支援

こんにちは、事業サポート課の木村です。 「今日も寒いですね」が毎日の挨拶になるような気候で、暖かい春が待ち遠しいですね。 東京事務所は、この時期はどの部署も忙しい日々が続きます。経理担当は決算に向けて、クラフト担当は新しいカタログの作成に、「絵本を届ける運動」の担当者は海外事務所への絵本出荷...

子どもたちと図書館車の塗り替え

移動図書館車の新たなスタートを応援

2018.2.10   東日本復興支援

1月22日、いまにも雪がふりそうな寒空の下で、そこだけは少しあたたかく感じられたのは、移動図書館車の車体に描かれたライオンの色使いのおかげでしょうか。 東日本大震災の被災地支援活動の一環として、2011年から岩手県、宮城県、福島県を走ってきた移動図書館車のうち一台を、南相馬市の家庭文庫「ちゅう...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト