シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ

タイ国境にあるメラウキャンプの外観

6月20日は「世界難民の日」-再び子どもたちに笑顔が戻るように

2018.6.15   東京事務所より / 

(タイとミャンマー国境にある難民キャンプ) 世界ではいま、3秒にひとりが、故郷を離れ、避難生活を強いられています。 紛争や人権侵害などから命を守るため、母国を離れ、避難生活を余儀なくされた「難民」。 難民問題は遠い地の話ではなく、日本を含む世界全体の問題と言えます。 6月20...

おやこで絵本を作ってアジアに届けよう

【〆切】自宅でできる!夏休み子どもボランティア「おやこで絵本をアジアに届けよう」キャンペーン2018

2018.6.14   ボランティア募集東京事務所より絵本を届ける運動

※定員に達したため、受付を締め切らせていただきました(2018年8月5日更新)。 「今年こその夏休みの宿題を早めに終わらせたい!」というみなさま。 アジアの子どもたちに届ける翻訳絵本づくりに挑戦してみませんか? シャンティ国際ボランティア会は、1999年から本を知らないアジアの...

flyer_visual-e1528263429129

【祝・目標達成!】Readyfor「ここだけが世界と繋がれる場所ー難民キャンプの図書館を続けたい」

2018.6.14   ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ寄付募集中

こんにちは。支援者リレーションズ課の山室です。 いつも皆さまからの応援を励みにしています。ありがとうございます。 「ここだけが世界と繋がれる場所 ―難民キャンプの図書館を続けたい―」 と題して、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ事務所の菊池職員が挑戦者となって4月より取り...

アジアの現場から考える平和 翻訳絵本をつくってみよう

【中高生向け】アジアの現場から考える平和~翻訳絵本をつくってみよう~

2018.6.13   イベント

大変ご好評いただき、おかげさまで満員御礼となりました。 定員に達したため、申込を締め切らせていただきます。(2018年7月30日更新) 夏休みの宿題・自由研究でお悩みの中高生のみなさん。 海外の子どもたちの暮らしを学び、ボランティア活動にチャレンジしてみませんか? 世界には「...

summer2018-DNP

夏休み子どもボランティア「おやこで絵本を作ってアジアに届けよう」

2018.6.12   イベント

大変ご好評いただき、おかげさまで満員御礼となりました。 定員に達したため、申込を締め切らせていただきました。 今年の自由研究のテーマはこれで決まり! 海外の子どもたちの暮らしを学び、ボランティア活動にチャレンジしてみよう! アジアには、まだ「本を知らない子どもたち」がたくさん...

おやこで絵本を作ってアジアに届けよう so good cafe 絵本づくりワークショップ

【親子で参加】so good cafè 絵本づくりワークショップ

2018.6.12   イベント

大変ご好評いただき、おかげさまで満員御礼となりました。 定員に達したため、申込を締め切らせていただきます。 世界には、生まれた環境が違うというだけで、本を知らない子どもたちがたくさんいます。 本を知らずに育つアジアの子どもたちの現状を親子で学び、子どもたちに届ける絵本作りに参加...

151

絵本担当が選ぶ、おすすめ絵本3選

2018.6.11   スタッフの声東京事務所より絵本を届ける運動

こんにちは。絵本を届ける運動担当の岩松です。 「絵本が現地に届きましたブログ」ですが、ラオスは毎年チェックが厳しく、いまだに到着していないため今日は絵本担当が選ぶ、おすすめ絵本3選をご紹介したいと思います。 今年は59タイトルの絵本が選ばれていますが、その中でも私が個人的に紹介したいと思った...

本の力1

”ホンのちから3”が届きます

2018.6.9   東京事務所より

今年も活動地の図書館にかよう子どもたちからイラストと手書きのメッセージが届きました! 「アジアの図書館サポーター」では年に一度、 サポーターの皆様に子どもたちからのカードをお届けしています。 2016年から、絵本作家/イラストレーターのaurinco(アウリンコ)さんがプロボノとして、...

P6070135

移動図書館事前説明会の実施

2018.6.9   ラオス

6月4日よりラオスインターンに着任しました、松永淳子と申します。ブログを通じて、皆さんにラオスでの事業やラオス文化の情報を発信していきたいと思います。 ラオスの地を踏むのは2013年以降、人生2度目になります。ルアンパバーン市内は新しいお店がオープンしているなど小さな変化はありますが、静かでの...

朝倉先生のアトリエ

【南相馬】幾千万の馬を描いてきた画家のアトリエを訪ねて

2018.6.8   東日本復興支援

相双地区に古くから伝わる「相馬野馬追」。7月下旬の開催に向けまちが活気づき、当日は勇壮な騎馬武者たちの姿をまちなかでも数多く目にすることができます。神事は国の重要無形民俗文化財にも指定されています。 甲冑競馬や神旗争奪戦が繰り広げられる、雲雀ヶ原祭場地を擁するだけあって、南相馬市にいると、さま...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。