シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ

1

子どもたちのラオス語習得のために

2017.3.15   ラオス /  

サバイディー(こんにちは) ラオス事務所研修生の法政大学3年梅﨑真紗代です。1か月の研修のうち半分の2週間が過ぎ研修後半に入りました。 3週目の今週は事業対象地であるルアンパバーン県ヴィエンカム郡に行き、移動図書館活動や複式学級の運営管理に同行させていただいています。ここでは移動図書館活動の...

DSCN1819

みんなで作りませんか?ネパールの小学校

2017.3.14   ネパール寄付募集中東京事務所より

こんにちは。 支援者リレーションズ課の神崎です。 支援者リレーションズ課は今年の1月からメンバーが4名に増え、新しい体制で活動しています。 1月~3月は東京、神奈川、埼玉、千葉を中心に、出来る限り外に出かけて色々な方々にシャンティのお話しをしています。 話しの中で、「今年から本格的に、ネ...

IMG_4045studytour2017

【〆切】スタディツアー「ネパールと仏教・復興支援活動の『今』」開催

2017.3.14   イベントスタディツアーネパール東京事務所より

※本ツアーは参加申込を締め切らせていただきました 先日、開催予告をしたネパールでのスタディツアーですが、タイトルを「ネパールと仏教・復興支援活動の『今』」~ネパールの仏教文化を訪ねるツアー~」とし、正式にご案内できる運びとなりました。 「仏教文化を訪ねるツアー」は僧侶の皆様を中心...

Steambuilding

チームビルディング研修

2017.3.13   カンボジア

皆様、こんにちは カンボジア事務所の玉利です。 今月初旬、カンボジア事務所職員全員を対象に、一日半のチームビルディング研修を行いました。何故この研修が必要かといいますと.... カンボジア事務所は今年で27年を迎えますが、20年以上勤務しているベテランもいれば、最近入ってきた若い職員も...

2016213

アフガニスタン帰還難民越冬支援活動(3)

2017.3.11   アフガニスタン

アフガニスタン事務所(在東京)の三宅隆史です。 シャンティは2016年12月から2017年1月にかけて、アフガニスタン帰還難民の越冬支援として、960世帯6,400人へ毛布や食料などの物資を配布しました。 物資を配布する前と、配布した後に実施したインタビューの様子をご覧ください。 ...

DSCN1807

何か一つでも、今すぐに。

2017.3.10   東京事務所より緊急救援

こんにちは。シャンティの国内緊急救援担当の鈴木淳子です。 明日は、3月11日です。震災から6年が経とうとしています。シャンティは引き続き東日本での活動を実施しています。 3月11日を迎えるにあたり、都心のビルの壁、書店に並ぶマンガの表紙やラジオなど様々なところで「防災」の必要性を見聞きし...

世界一大きな授業2017

「世界一大きな授業2017」にぜひ参加ください!

2017.3.7   東京事務所より

こんにちは、広報担当の召田(メスダ)です。 今年も「世界一大きな授業」を開催します! ※よく日本テレビ『世界一受けたい授業』と間違えられますが、 「世界一“大きな”授業」と覚えてください。 ●現在、世界で小学校に通えない子どもは6,100万人、読み書きができない大人は7億5,...

kizuna2

日本カンボジア絆フェスティバル2017

2017.3.6   カンボジア

こんにちは! カンボジア・バッタンバン事務所インターンの澤井です。 こちらに来て、蚊や虫にwelcomeされすぎて腕のひっかき傷がひどく、 見た人みんなを引かせています(笑)。 さて、先月末に行われたイベントのご報告です。 「日本カンボジア絆フェスティバル2017」に出展し、絵本や紙芝...

寄付と税金

寄付と税金

2017.3.5   東京事務所より

こんにちは、経理担当の瀧です。 確定申告の時期です。確定申告をする人は、公益社団法人等(特定公益増進法人)に対する寄附のうち一定のものについては、所得控除と税額控除を選択することができます。 2011年から所得控除と税額控除は選択できるようになりましたが、たいていの場合では税額控...

NGO海外研修プログラムに参加中です!

2017.3.4   ミャンマー / 

皆さん、ミンガラーバー!(こんにちは) 現在シャンティミャンマーpyay事務所でNGO海外研修プログラムに参加させていただいております、 大阪市立大学経済学部4年生の鮒子田真梨子と申します。 2年前に1週間、カンボジアでシャンティの絵本を届ける活動に参加し、途上国における教育普及に関わりた...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト