シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ

image2

事業サポート課より、入職のご挨拶

2018.5.22   スタッフの声

皆さま、はじめまして。5月中旬よりシャンティに入職いたしました、石塚咲と申します。 事業サポート課にて、主にラオスの事業を担当する予定です。 私とシャンティとの出合いは学生時代までさかのぼります。 とある海外交流事業でカンボジアを訪ね、図書館事業の様子を見学したことがあります。 小学校の...

IMG_5288

【レポート】「はじめての絵本キャンペーン」ミャンマー翻訳絵本ワークショップ × H.I.S 旅と本と珈琲と Omotesando」

2018.5.18   イベント報告

  2018年4月24日(火)に 「はじめての絵本キャンペーン」 ミャンマー翻訳絵本ワークショップをH.I.S 旅と本と珈琲と Omotesando で開催しました。 多くの方にお申込いただき、 早々と25名の定員に達して締め切らせていただきました。 検討し...

「おだかの歴史」シリーズ本

【南相馬】「町の歴史書」シリーズ完結

2018.5.18   東日本復興支援

一週間ほど前、聞き書き活動のお手伝いでおじゃました小高(南相馬市)のあるサロンで、「昔は、山のほうから町なかへ砂を運ぶトロッコが走っていた」という話をお聞きしました。子どものころ、砂を積んだトロッコに乗って町に遊びに行き、帰りはカラになったトロッコに乗って帰って来たのだそうです。 そんな話を聞...

IMG_3554

【本番編】ティンジャン(水かけ祭り)の様子!

2018.5.17   ミャンマー

ミンガラーバー ミャンマーピー事務所インターンの黒田です。 前回(ティンジャン準備編)から約一ヵ月経ってしまいましたが、 今回はティンジャン開催中の様子を紹介いたします。 前回の記事をご覧になっていない方はこちらからご確認ください。 ティンジャン本番の様子 まずピーに住む...

DSC00352

私はなぜ難民支援活動に関わるのか?

2018.5.16   ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

こんにちは。 ミャンマー(ビルマ)難民事業事務所の菊池です。 タイ国境にある難民キャンプの図書館を続けていくため、6月29日まで、クラウドファンディングReadyforに挑戦しています。是非、ご協力いただけますと幸いです。下記のサイトをご覧ください! https://readyfor.jp...

IMG_0691

絵本が現地に到着しました その2

2018.5.14   アフガニスタンカンボジア東京事務所より絵本を届ける運動

こんにちは。「絵本を届ける運動」担当の岩松です。   前回は、「絵本が現地に到着しました その1」として、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプとミャンマーの絵本到着報告をさせて頂きました。 今回は、その2カンボジアとアフガニスタンの報告をさせて頂きます。   ...

IMG_5958

クラフトエイド 日々のこと。

2018.5.12   クラフトエイド

こんにちは。 GW明けのおかしな天気も過ぎ去って、ようやく本調子に戻ってきた東京事務所です。 本日の担当はクラフトエイドの石田です。宜しくお願いします。 今日はクラフトのスタッフ紹介を交えつつ、クラフトエイドの内側、商品が皆さまのお手元に届くまでをご紹介したいと思います! ...

無題

それでもぼくは学校に行きたい!

2018.5.11   アフガニスタン

シャンティが実施するアフガニスタンの緊急救援の活動の現場から、子どもたちが今なお直面する悲しい現実が報告されました。   現在、実施している国内避難民、帰還民の子どもたちを受け入れている学校に、校舎と子どもたちに学校に通えるための文具などを支援しています。国内避難民の子どもたち...

tashkent

ウズベキスタンへ!

2018.5.10   東京事務所より

サラーム!お久ぶりです、アフガニスタン担当の浅木です。 4月末からアフガニスタン事務所の調整会議のため、ウズベキスタンのタシケントに行ってきました! どこ?という声があちらこちらから、聞こえてきます・・・。     ここです! “スタン”と...

DSC_0003

ラオス国営テレビ人気アナウンサー、一冊の絵本が人生を変えた

2018.5.6   ラオス

アジア地域ディレクターの八木沢です。2016年12月10日に東京で開催されたシャンティ設立35周年記念イベントに参加されたラオス国営テレビの人気アナンサー、スニター・ピンマンさんを覚えているでしょうか? 今日、5月6日にスニターさんとビエンチャンでお会いしました。久しぶりに会って驚くべき報告がありま...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。