Message from Children子どもたちからのメッセージ

写真をクリックすると子どもからのメッセージが見れます!
スウィート ディ レイちゃん
http://sva.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/resize11.-Naw-Sweet-De-Lay-300x200.jpg

スウィート ディ レイちゃん

/ 11歳

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

わたしの名前はナウ スウィート ディ レイ、11歳です。ヌポキャンプ出身です。4人の妹弟がいます。勉強が好きで、8つの教科を習っています。中でも算数が好きです。
わたしは毎日図書館に通い、読み聞かせを聞き、友だちとゲームをして遊びます。お気に入りの絵本は「新人のお父さんお母さんと5つのたまご」です。なぜなら両親や病気の人たちの面倒を見てあげたいからです。わたしたちが絵本からたくさんの教訓や知識を得られるように支援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

ナウ・スースーちゃん
http://sva.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/012-300x200.jpg

ナウ・スースーちゃん

/ 10歳

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

毎日学校に通っていて、道徳を学べる「仏典」の授業が好きです。おばあちゃんと5人のいとこと暮らしています。水汲みやごはんの準備、家の掃除をしておばあちゃんのお手伝いをしています。時間があれば図書館に友達と行って、読み聞かせを聞いています。「Kimono in the color of the sun」という本がお気に入りです。 大きくなったら看護婦さんになって、お父さん、お母さん、おばあちゃんのお世話をしたいです。

ナウ・オマ・サンちゃん
http://sva.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/011-300x200.jpg

ナウ・オマ・サンちゃん

/ 14歳

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

勉強が大好きで、特に数学が好きです。 時間のあるときは、家の手伝いをして、それから友達のところに遊びに行きます。図書館へは毎日行きます。 好きな本は、「どうぶつのおかあさん」です。 いろいろな動物のお母さんが、どれだけ子どもたちを愛しているのかが分かります。 将来は、看護師になって、家族や同じ民族の人たちのお世話をしたいです。

チョウ・シトゥ・ヘンイーくん
http://sva.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/010-300x200.jpg

チョウ・シトゥ・ヘンイーくん

/ 7歳

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

第5図書館には週に1回行きます。お気に入りの絵本は「ねずみのでんしゃ」です。なぜなら、平和な家族のお話だからです。将来は先生になりたいです。

ソー・ウィン・ティン・キンくん
http://sva.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/009-300x200.jpg

ソー・ウィン・ティン・キンくん

/ 11歳

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

ぼくは、ポー族のカレンです。 両親ときょうだい4人と、ウンピアム難民キャンプに住んでいます。 学校は図書館に近いので、昼食の後や、学校が終わってから、図書館へ行きます。 図書館では、本を読んだり、お話を聞くのが好きです。 好きな本は、「およぐ」という絵本です。 ぼくも泳ぐのが好きなので、この本が好きです。 将来は、みんなを守る兵隊になりたいです。

Story of Children未来を切り拓いたストーリー

もし本と出会わなかったら

ノー・ジャー・ポーさん

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ / 図書館ユースボランティア

タイとミャンマーの国境にある難民キャンプで生まれ育った子どもたちにとって、
図書館の本が「外の世界」へと、つなぐ「窓」になっています。
難民キャンプ内の図書館でボランティアとして
子どもたちへ本の読み聞かせをしているノー・ジャー・ポーさんをご紹介します。

僕のすべては、難民キャンプの図書館から始まりました

シーショーさん

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ / アメリカ 美術教師

幼い頃難民キャンプで育ち、その後家族でアメリカへ移住したシーショーさんは、
図書館の本をまねて絵を描くことが好きな少年でした。
図書館に通っていた頃、絵によって救われた。
だから、絵を教える仕事に就きたいと願い、
その夢を叶えたシーショーさんを紹介します。

Blog about activity of Shanti本を届けるための活動ブログ

Page Top