Message from Children子どもたちからのメッセージ

写真をクリックすると子どもからのメッセージが見れます!
ラッタナちゃん
https://sva.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/resize15-Lattana-300x200.jpg

ラッタナちゃん

/ 10歳

ラオス

わたしは小学校の5年生です。妹弟が1人います。いつも朝6時に起きて、水を汲みに行って、アヒルと鶏に餌をやってからご飯を食べて7時に学校に行きます。将来は、警察官になりたいです。わたしは「どうぶつえんのおいしゃさん(福音館書店)」という物語の本を読むことが好きです。私たちのために、面白くて良い物語の本をありがとうございました。

ヴォンシットくん
https://sva.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/resize16-Mr.-Vongsit-300x200.jpg

ヴォンシットくん

/ 11歳

ラオス

ぼくは小学校5年生です。お父さんとお母さんは畑仕事をしています。弟が一人います。いつも朝6時に起きて、まずご飯を蒸して、水を汲んでからご飯を食べて、それから7時に学校に来ます。ぼくはラオス語の授業が好きです。読むことも書くことも好きです。将来は、ラオス語の先生になりたいです。ぼくは「あいたい友だち(佼成出版社」という物語の本を読むことが好きです。

ソニックくん
https://sva.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/img_message02-300x200.jpg

ソニックくん

/ 9歳

ラオス

朝は6時に起きて、お皿洗いなど、お父さんとお母さんのお手伝いをして、7時に学校にいきます。ぼくは、いわしの勉強が好きです。いわしを見たいです。いわしについて、たくさん知りたいです。学校に本がたくさんとあるといいな、と思います。

Story of Children未来を切り拓いたストーリー

本の力が私に夢を与えてくれました

スニター・ピンマソンさん

ラオス / 国営テレビ局アナウンサー・ニュースキャスター・ジャーナリスト

シャンティは、1996年から子どもたちのための総合施設
「子どもの家」の運営を支援してきました。
「子どもの家」に通う子どもたちの中でも、スニターさんは歌や踊りが上手で、
絵本の読み聞かせもでき、みんなのリーダー格でした。

Blog about activity of Shanti本を届けるための活動ブログ

Page Top