Who we are

シャンティとは?

どんな厳しい環境でも安心して学べる機会を。子どもたちが自分自身の手で、未来を創るために。

  1. ホーム
  2. シャンティとは?
  3. 代表挨拶

代表挨拶

シャンティ国際ボランティア会 会長、若林恭英よりご挨拶させていただきます。

シャンティ国際ボランティア会 会長 若林恭英

日頃変わらぬご理解とご支援をいただいておりますこと心より感謝申し上げます。教育文化の支援は一朝一夕で成るものではありませんが、成果とおぼしきものもいくつかあります。ラオスのスニター・ピンマソンさんは、子どものころ、たまたま通りかかったシャンティ支援の「子どもの家」(子どもたちが自由に出入りできる学習センター)に興味を覚えて毎日のように通い、やがて奨学金を受けて大学卒業まで学ぶことができました。現在はラオス国営放送のニュースキャスターを勤め、私設の子どもの家まで運営するようになりました。後に続く若い世代の子どもたちの将来への夢を育む場ができたことはシャンティ(平和)な社会実現の小さな一歩として応援して行ければと考えています。

また、先の西日本豪雨が各国のニュースに取り上げられ、カンボジアの今まで縁のあった各小学校の子どもたちから「PRAY FOR JAPAN」のメッセージが現地事務所に届けられました。国境を越えた交流こそが平和な社会実現へのプロセスだと信じます。シャンティの活動は、ご支援くださる皆様と共に、その意味を問いながら平和な社会実現に向け歩み続けて行きたいと念じています。

どうぞ今後ともお力添えを賜りますよう心よりお願い申し上げます。

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
シャンティ国際ボランティア会 会長 若林恭英