What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. ネパール

Nepal / ネパール

2015年4月に発生したM7.8の大地震でネパールは大きな被害を受けました。建物だけでなく子どもたちの心にも爪あとを残したネパール。2017年に事務所を開設し、学校建設や防災教育の取り組みを開始しました。

ネパールでの活動を詳しく見る

ネパールの歴史と教育問題

1996年から2006年まで、ネパールでは11年間内戦が続き、農村部や山間部では激しいゲリラ戦が繰り広げられていました。2015年の震災前から、農作業への従事や経済的な理由で学校を中退する子どもが多く、2015年の震災前から、農作業への従事や経済的な理由で学校を中退する子どもが多く、義務教育である中学校を卒業できる子どもは71.3%にとどまります(2018年)。識字率も66%(男性75%、女性57%)です(2011年)。

詳しくはこちら

これまでの支援活動

2015年の大地震から復興に進もうとしているネパール。高校まで無償化されたことで教育へのアクセスは大きく改善しましたが、学校教育の質が低いこと、いまだ成人識字率が低く、地域や民族の格差が広がっていることが問題となっています。

詳しくはこちら

スタッフ紹介

ネパール事務所で働くスタッフを紹介いたします。

詳しくはこちら

ネパールに関するブログ記事はこちら

  • 95700264_3401476119868516_8171677327957164032_o

    ロックダウン69日目を迎えたネパール

    2020.5.31  ネパール

    ナマステ。ネパール事務所長の三宅隆史です。ロックダウン69日目を迎えました。先日、住んでいるアパートの屋上からヒマラヤが見えました。ガネッシュヒマールという7,000メートル級の頂上が4つある山脈です。ヒマラヤが自宅から見えたのは赴任以来3年間で初めてです。PM2.5濃度が世界最悪と言われの...

  • IMG_20191218_082431_R

    震災5年目を迎えたネパール

    2020.5.6  ネパール

    ナマステ。ネパール事務所長の三宅隆史です。4月25日にネパールは9,000名が犠牲になった震災の5周年を迎えました。 復興庁によると、家屋を失った世帯の63%にあたる49万世帯の住宅再建が終了し、25%にあたる19万世帯が工事中です。つまり88%の世帯が住宅再建のめどがついたことになり...

  • Handover at District Health Office by Parliament Member Mr. Narayan Khatiwada

    医療従事者の防護具と医療品を配布しました

    2020.4.29  ネパール 緊急救援 / 

    ナマステ。ネパール事務所長の三宅隆史です。ネパールではコロナウィルス感染者が5名だった3月24日からロックダウン(外出禁止令)が始まりました。理由は、医療システムが脆弱なことと感染者が多い欧米や中東、インド等で就労していた50万人ものネパール人が職を失い、帰国したためです。ロックダウンから36日たっ...