What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. ネパール

Nepal / ネパール

2015年4月に発生したM7.8の大地震でネパールは大きな被害を受けました。建物だけでなく子どもたちの心にも爪あとを残したネパール。2017年に事務所を開設し、学校建設や防災教育の取り組みを開始しました。

ネパールでの活動を詳しく見る

ネパールの歴史と教育問題

1996年から2006年まで、ネパールでは11年間内戦が続き、農村部や山間部では激しいゲリラ戦が繰り広げられていました。2015年の震災前から、農作業への従事や経済的な理由で学校を中退する子どもが多く、小学校を卒業できる子どもは67.5%にとどまります。

詳しくはこちら

ネパールでの支援活動

2015年4月の大地震発生直後に仮教室の建設や飲料水設備の設置、子どものための遊び場設置などの緊急救援活動を実施しました。被災した校舎の建設や被災した子どもたちの心のケア、防災教育に取り組んでいます。

詳しくはこちら

スタッフ紹介

ネパール事務所で働くスタッフを紹介いたします。

詳しくはこちら

ネパールに関するブログ記事はこちら

  • Meeting  with School management during school selection (2019 )

    現地スタッフの教育への思い

    2019.5.13  スタッフの声 ネパール 東京事務所より

    こんにちは。事業サポート課の菊池です。   ゴールデンウィークが明けて、東京事務所がまた賑やかになりました。   日本の長い連休中も、海外事務所が休みではなかったため、事業サポート課では、課員が当番制で出勤し、海外事務所との連絡の窓口を作りました。元号は変...

  • IMG_20180125_065923

    震災4周年を迎えたネパール

    2019.5.11  ネパール

    ナマステ。ネパール事務所長の三宅隆史です。4月25日にネパールは9,000名が犠牲になった震災の4周年を迎えました。ネパール政府復興庁と日本の国際協力機構(JICA)は、復興事業の進捗を報告し、経験をふりかえるための会合を開きました。会合には宮城県の東松島市の副市長が招かれ、東日本大震災から...

  • IMG_20190419_141451_R

    カトマンズにPM2.5の電光掲示板が設置

    2019.4.20  ネパール

    ナマステ。ネパール事務所長の三宅隆史です。最近、カトマンズの主要な道路に写真のような大気汚染の濃度を示す汚染メーターが何か所も設置されました。POLLUTION METERと書かれた下に、その地点のPM2.5の濃度と気温がリアルタイムで電子表示されています。 WHO(世界保健機構)によると...