What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. タイ

Thailand/ タイ

タイ政府は、2009年より就学前3年間と高校までの15年間は、学費などは一切かからないとしていますが、実際の学校現場では運営資金が不足し保護者からの追加徴収をせざるを得ない状況で、経済力の弱い地方やスラムに住む保護者に負担がかかっています。

タイでの活動を詳しく見る

タイの歴史と教育問題

東南アジアで唯一どこの国の植民地にもなることなく、独自の文化と発展を遂げて来たタイ。
しかし近代史において民主化の形を模索する中でクーデターが起こるなど政治的・経済的にも不安を抱えています。

詳しくはこちら

これまでの活動

1984年にタイの農村で開発事業がスタート。その翌年には、バンコクのスラムで図書館活動を開始しました。現在でも発展の影にいる、国境地帯の移民やスラムの子どもたちに対する支援を行っています。

詳しくはこちら

タイからのありがとう

教員の研修の活動や、奨学金を支援した小学校の子どもから届いた感謝の声をお届けします。

詳しくはこちら

現在の活動/お問い合わせ先

現在の活動の詳細、シーカーアジア財団への問い合わせはこちらからお願い致します

シーカーアジア財団
SIKKHA ASIA FOUNDATION
100/14-20 Keha Klongtoei4, Klogtoei, Bangkok, Thailand. 10110
TEL: +662-2497567,+662-2497568
FAX: +662-2490055
E-mail: info@sikkha.or.th

タイに関するブログ記事はこちら

  • タイ・ウボンラッタ王女(右)とシャンティ国際ボランティア会会長 若林恭英(左)

    タイのウボンラット王女がドゥアン・プラティープ財団40周年式典にご臨席

    2018.11.11  タイ

    2018年8月27日に開催されたドゥアン・プラティープ財団の40周年式典に、タイのウボンラッタナラーチャカンヤーシリワッタナーパンナワディー王女がご臨席されました。式典には、シャンティ国際ボランティア会の会長 若林恭英も出席いたしました。 ドゥアン・プラティープ財団とは ドゥアン・プラテ...

  • DSC_0401

    バンコクのスラムは、国境を越えて人々が暮らす時代

    2018.10.9  タイ

    アジア地域ディレクターの八木沢です。私がクロントイ・スラムに家族と一緒に暮らすようになったのは26年前です。当時は、シャンティのタイ事務所がありました。現在は、シャンティが設立したタイの財団、シーカー・アジア財団の事務所があります。首都バンコクにはスラムが約2,000ヶ所、200万人が暮らしています...

  • sDSC_0801

    【2018年9月1日まで】瀬戸正夫さん写真展、バンコクで開催中です!

    2018.8.27  タイ 東京事務所より

    支援者リレーションズ課の吉田です。バンコクで、瀬戸正夫さんの写真展が開催中です。 開催初日となった8月18日(土)は、瀬戸さんによるギャラリー・トークが開かれ、予定していた席が足りなくなるほど多くの人が集まる盛況な中で、瀬戸さんがお話しされたそうです。 88歳になられる瀬戸さんをお祝い...