シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 【報告】すべての人に、図書館を~9月8日は「国際識字デー」ラオスからの報告

【報告】すべての人に、図書館を~9月8日は「国際識字デー」ラオスからの報告

2010.9.11   イベント報告

こんにちは。SVA東京事務所国内事業課の鎌倉幸子です。

9月8日に行われました

すべての人に、図書館を~9月8日は「国際識字デー」ラオスからの報告

には、台風による大雨のご参加いただき、心より御礼申し上げます。

ほっとシャンティ SVAブログ-「すべての人に、図書館を~9月8日は国際識字デー

でも実際には、満員御礼 大入

立ち見が出るほどたくさんの方にお越しいただき感謝です 挨拶

ほっとシャンティ SVAブログ-「すべての人に、図書館を~9月8日は国際識字デー

図書館事業をすべての対象国で実施しているSVA ですが、9月8日の識字デーは

同じ気持ちで活動をしている他団体とコラボをしてやりたい

と思っておりました。

そこで財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU) を訪問してお話したところ、快諾していただき

またラオスでは独立行政法人国際協力機構(JICA) とパートナー事業を展開しているので、JICAにもご協力いただき、3団体共催のセミナーとなりました。

まず最初に、ACCUが制作した、識字アニメーション「ミナの笑顔」 の上映を行いました。

こちら、ミナの笑顔の説明です。

アジアの農村に住む女性「ミナ」。彼女は、字の読み書きが出来ないために、農作物の値段をごまかされたり、病気の夫に間違えて農薬を飲ませてしまいそうになったりと失敗ばかりしています。

そんな中で、彼女はついに文字を習う決意をします。アジア太平洋地域に暮らす非識字者が置かれている状況や識字教育の重要性を、ストーリー仕立てで分かり易く表現しています。

ほっとシャンティ SVAブログ-「すべての人に、図書館を~9月8日は国際識字デー

その後、ACCUの事業部次長である柴尾智子さんから、字が読めないから起こる問題について報告がありました。

現在、日常生活に必要な字の読み書きができない人は7億5900万人と言われています。

識字率は世界中で上がってきているというデータもありますが、データをどうやって取っているかは不明確な国もあります。

ここ20年の間に世界では20パーセントの識字率が向上したといわれていますが、村によってだいぶ状況が違うなど、コミュニティレベルではかなりの差があります。

都市部では読み書きができる人が多くても辺境地に行けば10人に1人しか読み書きができないところもあります。

字を知らなくて騙され貧困が連鎖する。

そんな問題があることを柴尾さんが伝えてくれました。

ほっとシャンティ SVAブログ-「すべての人に、図書館を~9月8日は国際識字デー

今回はラオス事務所 の鈴木スタッフが現地の報告をさせていただく予定でしたが、インフルエンザにかかり自宅療養に入りました。

そのため急きょ、東京事務所海外事業課のラオス担当である木村が報告を行いました。

木村もラオス出張から帰ってきたばかりなので、フレッシュな情報満載のプレゼンでした。

ラオスはフランスの植民地の時代を経て、独立したら内戦が起き、その後ベトナム戦争の影響を受けました。

クラスター爆弾が世界で一番埋まっているといわれているのです。

カンボジアの地雷はよく報道されますが、ラオスのクラスター爆弾の現状はあまり耳にしませんよね。

またタイに接しているラオスにはテレビや本もタイのものが入ってきており、自分の国の言葉であるラオス語のものが少ないだけに、隣国の影響を受けています。

その中でラオスの母語であるラオス語の本の出版や日本の絵本にラオス語の訳文シールを貼りつける絵本を届ける運動 を通じて届いた本を配布しています。

こちらもどうぞご覧ください。

クリック 本を手にする喜びをすべての人に(ラオス)-草の根技術協力事業による図書館支援活動-

ほっとシャンティ SVAブログ-「すべての人に、図書館を~9月8日は国際識字デー

最後は参加者から質問をいただきましたが、時間が足りなくなり4人からしか受けられなくて申し訳ございません。

その代り、アンケート用紙に質問を書いていただきました。

こちら順次返答させていただきます。

ほっとシャンティ SVAブログ-「すべての人に、図書館を~9月8日は国際識字デー

感想の一部をご紹介いたします。

・ ラオスのことを初めて知りました

・ 教育環境の整備が進むことをお願いいたします。

・ いい報告でしたが時間が足りなかったようです。

・ いかに効果的な活動を行っているかをアピール・証明するためにも、様々な数値を前面に出して報告をされれば、より魅力的な内容になるかと思います。内容はアニメ含め、とても分かりやすかったです。識字能力はやはり生死にも関わる課題でもあり、初等教育を普及させるためには必要不可欠な一歩ですよね。これからも活動を応援しております。

ご参加いただきました皆さまに感謝いたします。
さて、これからもSVAは様々な活動報告会、セミナー、イベントを行います。

【9月22日】 

アフガニスタン・教育支援の現場から~NGO現地スタッフが語る平和・子ども・学校建設

【10月2日、3日】

グローバルフェスタ

【10月5日】

祖国、難民キャンプ、そして日本。~第三国定住を考える~

またブログでお知らせさせてください。

ラオスのブログ記事はこちらです。

(社)シャンティ国際ボランティア会ラオス事業へ

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。