シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. トーク&翻訳絵本づくりイベント in 世田谷ものづくり学校 開催報告

トーク&翻訳絵本づくりイベント in 世田谷ものづくり学校 開催報告

2017.12.19   イベント報告東京事務所より

トーク&絵本貼りイベント in 世田谷ものづくり学校

2017年12月10日、東京・世田谷区の世田谷ものづくり学校にて、トーク&翻訳絵本づくりイベント「新鋭クリエイターが本音で語る難民キャンプの子どもたちの今」を開催しました。シャンティ広報課課長 鈴木晶子と、一カ月前に難民キャンプで映像を撮影してくださった江藤孝治さん、長年シャンティの活動地で写真を撮影してくださっている川畑嘉文さんが登壇し、トークセッションとミャンマーの子どもたちに届ける絵本作りワークショップを行いました。ご家族や学生の参加も多く、午前と午後、合わせて45人が参加くださいました。

トーク&翻訳絵本づくりイベント「新鋭クリエイターが本音で語る 難民キャンプの子どもたちの今」

力強い写真と感動の映像

会場では、川畑さんがタイとミャンマー国境の難民キャンプで撮影した写真も展示し、多く参加者がご覧になっていました。子どもたちの一瞬の表情を捉え、明るい写真からハッとさせられる写真もあり、思わず見入ってしまう写真ばかりでした。

会場では川畑嘉文さんの写真も展示

トークイベントは、鈴木のシャンティの紹介から始まり、難民キャンプの話を軸に進められました。途中、11月に江藤さんが難民キャンプで撮影した映像を上映しました。映像は図書館に来ている子どもたち、図書館で働いている人、図書館に子どもが通っている母親の3人が取り上げられ、どれも凄く感動的なメッセージでした。

※江藤孝治さん監督作品『僕らのカヌーができるまで』はDVDで販売中

中でも、特に心に残ったのは母親からのメッセージです。彼女は十分な教育を受けることができず、今までたくさんの苦労をしてきました。そんなつらい思いを娘にさせないため、図書館で絵本に触れさせ、文字の読み書きやいろいろなことを学んで欲しいと。映像では、文字が読めない母親に、子どもが絵本を読んであげるシーンがありました。「絵本の読み聞かせ」と聞くと、親やおとなから子どもへ読み聞かせるシーンを連想しがちですが、それが当たり前ではないと考えされられます。

文字の読めないお母さんに絵本を読み聞かせてあげる女の子

「絵本を届ける運動」を通じて、多くの方に翻訳シールを貼っていただいた絵本が誰かの希望になっているのかと思うと、スタッフの我々も感動してしまいました。

難民キャンプ内の変化と撮影裏話

映像上映後、江藤さんと川畑さんに、キャンプ内の変化や撮影裏話について話していただきました。川畑さんは何度も難民キャンプに足を運び、時間の経過と共に変わっていく難民キャンプの様子を紹介してくださいました。特に印象に残ったことは、最初にキャンプを訪問した頃は、子どもたちが迷彩柄の服を着て、銃のおもちゃを持っていました。それから時が経ち、現在は見かける機会が減ったそうです。紛争や戦闘という日常が子どもたちや親の世代から無くなったのではないかという話が印象的でした。

難民キャンプには迷彩柄の服や銃のおもちゃを持った子どもたちも

難民キャンプ近くにあるスタッフの宿泊所にトッケー(トッケイヤモリ)というトカゲがよく出ます(※大きいものだと1mになるとか・・・)。お風呂は極寒の中で水桶から冷水を汲んで浴びなければならないという話などがあり、環境の異なる場所での活動だということが感じられました。

※川畑嘉文さんの著書『フォトジャーナリストが見た世界―地を這うのが仕事』も好評発売中

トークイベント後は、ミャンマーに届ける翻訳絵本づくりが行われました。初めて絵本作りに挑戦される方も多く、皆さん翻訳シールをハサミで切り、慎重に絵本に貼り付けていました。ご家族で参加された方も多く、とても和やかなワークショップとなりました。

ミャンマーの子どもに絵本を届けるため、親子で参加してくれた家族も

日本で出版された絵本にビルマ語の翻訳シールを貼ります

実は、イベントを開催した12月10日はシャンティの設立記念日です。シャンティにとっての大切な日に、多くの方々とご一緒できて、非常に有意義な時間となりました。ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。今年の講演会は今年が最後になります。来年のイベントについてもブログやFacebook、Twitterなどで情報発信をしていますので、ぜひご参加ください!

トーク&絵本貼りイベント in 世田谷ものづくり学校

【イベント報告】
シャンティ国際ボランティア会
広報課 インターン 岩松 智子

新刊『わたしは10歳、本を知らずに育ったの。』2017年12月発売

シャンティ国際ボランティア会がアジア6カ国/7地域で取り組んできた図書館活動や「絵本を届ける運動」と、1冊の本から生きる希望を見つけ出した子どもたちを紹介した新刊『わたしは10歳、本を知らずに育ったの。』(合同出版)が発売されました。2018年1月には、書店で出版記念イベントも開催します。こちらもぜひご参加ください。

『わたしは10歳、本を知らずに育ったの。アジアの子どもたちに届けられた27万冊の本』合同出版

トーク&絵本貼りイベント in 世田谷ものづくり学校

アジアの子どもに届ける絵本のお申し込みはこちらから

絵本を届ける運動 特設ページ
  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト