シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. インドネシア・スラウェシ島地震/津波被災者支援報告会~家族のために立ち上がった女性たち~

インドネシア・スラウェシ島地震/津波被災者支援報告会~家族のために立ち上がった女性たち~

2019.6.24   報告会緊急救援

インドネシア・スラウェシ島地震/津波被災者支援報告会~家族のために立ち上がった女性たち~

2018年9月28日、インドネシア・スラウェシ島沖でマグニチュード7.5の地震が発生しました。地震と津波の被害を受けたスラウェシ島では、地震発生から9カ月経った今もテントや仮設住宅で暮らしている人々がいます。災害は農業や漁業など、日々の暮らしを支える生業に大きな被害をもたらしました。家族の収入が激減する中、自分の手で家族を支え、生活を再建させたいと立ち上がった女性たちがいます。スラウェシ島被災女性の生計回復支援事業の活動報告と女性たちの声をお伝えします。

シャンティ国際ボランティア会は、2018年10月より被災地に職員を派遣し、現地のカウンターパートNGOと共に緊急救援物資を配布してきました。緊急救援活動を行う中、被災地では収入が大きく減ったことで生活が困窮し、不安定な避難生活で女性たちが危険にさらされていることが分かりました。被災者の声を受け、2019年2月より被災女性を対象に生計回復支援事業を開始しました。被災女性たちがグループごとに身近な食材を使って加工食品を製造・販売し、その収入を元に復興を目指しています。

イベント概要

開催日 2019年7月24日(水)19:00~20:30(開場18:30~)
会場 聖心女子大学 4号館/聖心グローバルプラザ1階 Be*hive
(東京都渋谷区広尾4-2-24)
最寄駅 東京メトロ日比谷線「広尾」駅 4番出口から徒歩1分
参加費 無料
定員 20人 ※要事前申込
主催 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
協力 聖心女子大学グローバル共生研究所

登壇者

永井 新生(シャンティ国際ボランティア会 事業サポート課 海外緊急救援担当)
石塚 咲 (シャンティ国際ボランティア会 事業サポート課 海外事業担当)

参加申込はこちらから

申し込む

*会場準備の関係で、事前に申込フォームからお申し込みをお願いします。

報告内容

・インドネシア・スラウェシ島地震の被害状況について
・インドネシア・スラウェシ島における生計回復事業について
・被災女性たちによる加工食品の製造・販売事例
・緊急救援から復興支援への移り変わり etc

女性グループが製造・販売している加工食品例

インドネシア・スラウェシ島地震で被災した女性たちが作る加工食品
日本でも話題の調理用「ココナッツオイル」(詳しくはこちら

インドネシア・スラウェシ島地震で被災した女性たちが作る加工食品
魚のうま味とスパイスの香ばしい香りが口の中に広がる「魚チップス」(詳しくはこちら

インドネシア・スラウェシ島地震で被災した女性たちが作る加工食品
“ういろう”のような食感のインドネシア伝統菓子「ドドル」(詳しくはこちら

インドネシア・スラウェシ島地震で被災した女性たちが作る加工食品
日本の“おかか”にそっくりな「魚でんぶ」(詳しくはこちら

 

「インドネシア地震 緊急募金」受付中

郵便振替: 00150-9-61724
加入者名: 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
*払込取扱票の通信欄に「インドネシア地震」と明記して下さい
*備考の枠に「免」と明記して下さい(窓口で手続きした場合、払込手数料が免除されます)

今すぐ寄付する

 

インドネシア地震 関連ページ

プレスリリース:【03/28】被災女性の生計回復支援事業 -復興を目指す女性の自立を支援しています-

関連記事:シャンティブログ「インドネシア・スラウェシ島地震」

参加申込はこちらから

申し込む

*会場準備の関係で、事前に申込フォームからお申し込みをお願いします。

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。