シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. ネパール洪水 現場からの声をお届けします

ネパール洪水 現場からの声をお届けします

2019.10.3   ネパール緊急救援

7月末に洪水がネパールを襲ってから約2か月が経ちました。

しかしネパール政府の支援は行き届いておらず、被災地で暮らす人々は今も苦しい生活を強いられています。

前回のブログでは、そういった被災地の困難な状況を倒壊した家屋や弊会の援助物資配布の様子を通してご紹介しました。

物資配布を行った後、受け取った受益者の方から災害時や今の暮らしの様子が届きましたので、お届けいたします。

インタビューに応えてくれた、ラクシュミさん(仮名)50歳
(*写真は本人のご許可を頂いています。)

a

 

質問1、洪水が発生した当時の様子を教えてください。

7月25日の夜10時頃に洪水が私の村を襲いました。あっという間に水は約1mの高さまで迫り、衣類も食べ物もすべてダメになってしまいました。家も完全に破壊されてしまいました。あまりにも突然のことだったため私たち家族(同居6人)はどうすればいいのかまったく分からず、とにかく、水が来ない場所を探して歩き回りました。そして標高が少し高くなっている場所に逃げ込み、ブルーシートで作られた簡易シェルターで6日間過ごしました。

 

P_20190727_121721
被害を受けた自宅を修復する女性

質問2、現在の生活環境を教えてください。

浸水して壊れてしまった自宅を簡易的に補修して住んでいます。お金がないため家を建て直すことはできません。洪水で壁が流されてしまいましたが、そのままになっています。

 

質問3、政府の支援は受けていますか?

いいえ、政府の支援は受けていません。しかし政府から支援を受けていないのは私だけではありません。政府の支援が間に合っておらず、町全体が無支援状態で孤立しているのです。私たちは心から支援を必要としています。政府でもNGOでもそれ以外の団体でもかまいません。本当に誰かの助けを必要としているのです。

私はとても貧しい暮らしをしています。本当に少しの支援でも私にとってはとても大きな助けなのです。今回は私たちに物資の支援をしてくださりありがとうございます。

DSCN4455
家財が流れ出てしまった村

DSCN4124

 

洪水発生から2か月が経過し、ネパールへの関心は薄れつつあります。

しかし現地の状況はまだまだ復興とはほど遠いのが現状です。

 

弊会ではネパール洪水の緊急対応として募金を受け付けています。

どうか応援とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

 

♦募金受付中♦〈手数料無料〉
郵便振替:00150-9-61724
加入名者:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
*通信欄に「ネパール緊急」と明記ください*備考欄に「免」と明記ください(手数料免除)

■本件に関するお問い合わせ先
公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会 担当:事業サポート課 柴田・栗本
〒160-0015東京都新宿区大京町31慈母会館3F
TEL:03-6457-4586 FAX:03-5360-1220 E-mail:eru@sva.or.jp URL: www.sva.or.jp

 

※当事業は、ジャパン・プラットフォームと皆様のご支援を受けて実施しております。

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。