シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 伝統文化と技術を引き継ぐ作り手たち クラフトエイド

伝統文化と技術を引き継ぐ作り手たち クラフトエイド

2020.7.8   クラフトエイド東京事務所より

クラフトエイドはアジア各国で民族独自の伝統や技術を活かした商品づくりに取り組んできました。今回は伝統文化と技術を引き継ぐ作り手たちをご紹介いたします。

 

伝統文化と技術を引き継ぐ作り手たち モン族

hmong_hashimoto

「自由な人々」という意味。スカートの色や模様で、青モン、白モン、黒モン、花モンなどのグループに分かれています。揚子江流域が起源で、中国で漢民族に迫害され、ラオスやベトナムに移住してきました。そのため、今も誇り高く、独立心が強いと言われています。迫害の歴史の中を生き抜いてきたモン族の刺繍や模様には、母から娘へ、家族の幸福を願う女性たちの祈りが込められています。

DSC06377

手仕事の紹介「刺繍」

モン族は文字を捨て、刺繍の絵柄で生活の様子や歴史、文化を伝えてきました。女性たちが一つひとつ手で刺した動物たちの表情はどれもユニークで、独特の味わいを持っています。

DSC03442

mori

代表的な商品にラオスの森ポーチがあります。

モン族の世界をもう少しのぞいてみませんか。民族紹介や商品はこちらからご覧いただけます。

 

伝統文化と技術を引き継ぐ作り手たち リス族

Lisu_hashimoto

人口はタイの山岳民族全体の4%ほど。美しく豪華な民族衣装や盛大な正月祭りの踊りなどが有名で、タイ北部観光の看板的な少数民族となっています。頭にも大きな飾りを着け、腰には「馬の尻尾」と呼ばれる先にポンポンが300個ほどついたベルトを巻きます。女性たちの衣装にかける熱意は強く、虹のような色彩の「重ね縫い」や細かなパッチワークなどで豪華さを競い合います。

IMG_1006

手仕事の紹介「重ね縫い」

色とりどりの布を細かく切って折りたたみ、一本ずつ布を重ねて縫い合わせる技法です。重ねて縫うため丈夫で、民族衣装の襟や袖口を彩ります。

IMG_1030

kasane

代表的な商品にリス族重ね縫いミニバッグがあります。

リス族の世界をもう少しのぞいてみませんか。民族紹介や商品はこちらからご覧いただけます。

 

本記事は、シャンティが発行するニュースレター「シャンティVol.304 (2020年春号)」に掲載した内容を元に再編集したものです。特集:クラフトエイド35周年では、フェアトレードの潮流や伝統文化を受け継ぐ作り手たちの今についてもご紹介しています。
ニュースレター「シャンティ」は年4回発行し、会員、アジアの図書館サポーターに最新号を郵送でお届けしています。

_DSC4774 (1)

作り手から探してみるクラフトエイド

クラフトエイドは、アジアの女性が手仕事で作ったものを展開するフェアトレード事業です。オンライン・ストアでは、アイテムを”作り手から探す”ことが出来ます。作り手のストーリーをご覧いただいた後にアイテムをご覧いただくと、また違ったストーリーを感じていただけると思います。家でゆっくり過ごす時間に、山岳少数民族の方たちの独自の文化に触れてみてください。

 

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。