シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 国内緊急救援事業で送った絵本 スタッフ的ここが好きポイント(パート2)

国内緊急救援事業で送った絵本 スタッフ的ここが好きポイント(パート2)

2020.7.24   東京事務所より

皆さん、こんにちは。

シャンティでは新型コロナウイルス対応の国内緊急救援事業を実施しており、東京の対象世帯に加え、先日九州や広島など昨年の豪雨被災地を中心に「楽しく学べるお家時間」の学習セットの配布を行いました。現在、646世帯に対しセットの配布が完了しており、今後さらに九州の対象世帯への配布が計画されています。

本事業では、子どもの心の健康・ケアを目的に、特にサポートが必要な、ひとり親家庭、生活保護家庭、外国にルーツのある家庭、災害により既に不安を抱えている被災家庭の子どもたちを対象に、在宅でできるワークキットや絵本の配布を行っています。

先日のブログでは、送った絵本のうち低学年向けの2冊をご紹介しましたが、今日のブログでは高学年向けの残り2冊、特に「ねずみくん おおきくなったらなにになる」についてご紹介していきたいと思います。

「国内外を問わず人気! ねずみくん おおきくなったらなにになる(ポプラ社)」

s-SVAVP_hon-no-chikara_1

様々な職業が出てくるこのお話は、国内外を問わず人気の作品になっています。

<あらすじ>
ねずみ君は、「大きくなったら何になりたいの?」と聞かれて、答えに悩んでいます。
すると、そこへ色々な動物のお友達がやって来て、自分が大きくなったら何になりたいか、教えてくれます。

色々な話を聞いてねずみ君が出した答えは。。。

 

スタッフ的ここが好きポイント
●絵本スタッフ●
物語のテンポが良いですよね。「なにになりたいの?」と聞いた次のページには、キャラクターがその職業で働いている絵があって、イメージが膨らみます。
様々な職業が紹介されているので、読んでいる子どもたちの世界も広がると思います。

●国内ERスタッフ●
やっぱり子どもたちが将来の話をするのって、とても夢がありますよね!ねずみ君の様に、将来について考え中の子も様々な職業の選択肢を知って、将来に目標を持ってほしいなと思います。

 

タイ国境でもこの絵本は読まれています!
この絵本は、タイ国境の難民キャンプでも読まれており、この話が大好きなトー君の動画は皆さんもうご覧になりましたか?

シャンティではホームページに加え、You tubeでも公益社団法人シャンティ国際ボランティア会のチャンネルを持っています。

その中の「本の力を、生きる力に。アジアの子どもたちに届けられた27万冊の本」という動画の中には、この絵本を読んだトー君が登場し、絵本を通して将来への希望を持つ姿は感動です!

この機会にぜひご覧頂くとともに、You Tubeでは他にも多くの現地の映像や、なんとオンラインイベントも視聴が可能です!

ぜひ様々な動画をご覧になってみて下さい。

 

ねずみくんの他に、高学年向けには「この計画は秘密です」(鈴木出版)を送りました。
中学生に向けてはこちらも非常に読み応えのある絵本です。

絵本は、低学年や幼児向けと思われがちですが、現在は様々な世代に向けての絵本も出ており、読み応えのある作品や高学年だからこそ触れて欲しい作品も多くあります。

絵本を通して子どもたちの心の癒しや、精神的な成長もサポート出来れば良いなと思います。

 

当事業は、公益財団法人パブリックリソース財団内ゴールドマン・サックス緊急子ども支援基金とREADYFOR新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金からの助成と皆様のご支援を受けて、実施しています。

また、シャンティでは募金を受け付けています。
どうか引き続きの応援とご協力を何卒よろしくお願い致します。

◆「コロナ国内緊急募金」受付中◆
郵便振替:00170-8-397994
加入者名:SVA緊急救援募金

※払込取扱票の通信欄に「コロナ国内緊急募金」と明記してください
※恐れ入りますが、本口座への振込手数料はご負担をお願いいたします。

シャンティの「新型コロナウイルス」緊急支援事業について

shanti_covid19_page

 

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。