シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. もち米とバナナの甘さがマッチ「ノム・アンソム・チョック」カンボジアのおやつ

もち米とバナナの甘さがマッチ「ノム・アンソム・チョック」カンボジアのおやつ

2020.8.24   カンボジア

チョムリアップ・スオ(こんにちは)!カンボジアの二―ペック集合村のブラッ・サモンです。コンポントム州コンポンスヴァイ郡ニ―ペック集合村のCLC(コミュニティラーニングセンター)で、運営委員と識字教室教員を兼務しています。カンボジアで食べられているオススメのおやつをご紹介します。

紹介者_ブラッ・サモンさん

めでたい席で食べるお菓子

カンボジアで誰もが大好きなおやつ「ノム・アンソム・チェ」を紹介します。カンボジアのお盆(10月)やクメール正月(4月)、結婚式などおめでたい席で食べられることが多く、普段のおやつの時間にみんなで食べることもあります。

※「ノム」はクメール語で「お菓子」という意味

みんながおやつを食べている様子1

料理の作り方・食べ方

もち米とバナナ(もしくは豆)で作られ、バナナの葉で包んでいます。日本のお菓子に例えるなら「饅頭と羊羹の中間」。饅頭ほどではないですが、もち米の粒が立っているので羊羹でもない感じです。もち米の甘さとバナナの甘さがマッチしてとってもおいしいのでおすすめです。

おやつの写真3
バナナの皮に包まれていて持ち運びもしやすいです

おやつが売られている市場の様子
市場でよく売られています

「突撃!隣の国のおいしいごはん」シリーズ

本記事は、シャンティが発行するニュースレター「シャンティVol.299 (2019年春号)」に掲載した内容を元に再編集したものです。

・世界のおやつ旅「タイのおやつ “パートンコー”」

・世界のおやつ旅「ラオスのおやつ “カオ・ノム・チョック”」

・世界のおやつ旅「ミャンマーのおやつ “モーピサレ”」

・世界のおやつ旅「ネパールのおやつ”パニプリ”」

ニュースレター「シャンティ」は年4回発行し、会員、アジアの図書館サポーターに最新号を郵送でお届けしています。

シャンティは、子どもたちへ学びの場を届け、必要としている人たちへ教育文化支援を届けています。引き続き、必要な人へ必要な支援を届けられるよう、月々1,000円から継続的に寄付してくださる「アジアの図書館サポーター」を募集しています。

まだ本を知らない子どもたちのために 1日33円からはじめられるアジアの図書館サポーター 特設ページ
  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。