シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 【ネパール地滑り】被災した115世帯にガスコンロとボンベを支援

【ネパール地滑り】被災した115世帯にガスコンロとボンベを支援

2020.10.9   ネパール緊急救援

2020年9月8日、シャンティがネパールで学校建設を行っているインドラヤニ村で、連日の豪雨による大規模な地滑りが発生しました。シャンティは、家を失い、避難テントで生活している115世帯(512人)の被災者に、CARDSNという現地提携団体を通して、ガスコンロとボンベを配布しました。

支援物資を受け取る被災者

支援物資を受け取るインドラヤニ村の女性

この地域では、地滑りの前から、かまどによる火おこしが一般的で、ガスコンロが使用されていませんでしたが、被災者は自宅が倒壊もしくは、倒壊の危険があるため、かまどを使用することが困難になってしまいました。また、避難キャンプは国立公園にあるので、火おこしや煙が禁止されています。今までたきぎを集めていた道も地滑りで通行できなくなり、たきぎ集めにも時間がかかっていました。被災者が温かい食事を食べられるよう、自治体からシャンティにガスコンロとボンベの支援要請が届きました。

支援詳細:【ネパール地滑り】学校建設事業地で家屋を失った115世帯470人にガスコンロとボンベを支援

感謝のメッセージ

ガスコンロとボンベを受け取ったインドラヤニ村の人々から、感謝のメッセージが届いたので、ご紹介します。

シルザニ・タマンさん

シルザニ・タマンさん

「9人家族で、避難テントでの生活は大変です。地滑りで農地の大部分を失い、今は小さな農地の収穫に生活を頼っています。たきぎを集めに行く道が地滑りで通れなくなってしまいましたが、ガスコンロとボンベのおかげで、問題が解決しました。」

シャヤパル・タマンさん

シャヤパル・タマン

農業で生計を立てているシャヤパル・タマンさんは、被災後、避難テントで生活しています。農地も地滑りで流され、育てていたとうもろこしも失いました。
「ガスコンロとボンベがあるので、まきやたきぎを集めたり、火おこしに使っていた時間を他のことに取り組むことができます。ありがとうございます。」

チュハール・ラマ・タマンさん

チュハール・ラマ・タマンさん

「地滑りで、農地や作物を失いました。10人家族で、日々の食べ物を得ることにも苦労しています。ガスコンロとボンベを使うのは、初めてです。煙もなく、もうたきぎを集める必要もなく、本当に嬉しいです。これからは避難テントで料理をすることができます。」

また、インドラヤニ村があるヌワコット郡、デュプチェスワ農村自治体から感謝状をいただきました。

感謝状

感謝状:
私たちは、この災害で、人道支援を実施してくださったシャンティ国際ボランティア会とCARDSN(提携団体)に心から御礼申し上げます。デュプチェスワ農村自治体の115世帯へのガスコンロとボンベを配布いただき、誠に感謝しています。

支援物資を受け取るインドラヤニ村の被災者
ガスコンロとボンベを受け取ったインドラヤニ村の女性

※本事業は、2020年9月28日に完了しました。
ご支援、ご協力いただき、まことにありがとうございました。

ネパールで継続中の事業について

ネパールでは、新型コロナウイルスの感染が拡大しています。政府は3月末から多くの経済活動を制限し、厳しいロックダウン、移動制限を行ってきました。貧困層の人々は、日々の生活の糧を失い、ますます生活が困窮しています。

シャンティは、日本NGO連携無償資金協力の助成を受け、ネパール、ヌワコット郡、ラスワ郡の被災小学校における防災能力強化事業で、2015年の大地震で被災した小学校を対象に、耐震構造の校舎建設や学校防災計画の策定などの支援を行っています。

シャンティがインドラヤニ小学校で建設中の耐震構造の校舎には地滑りの被害はありませんでした。しかし、ロックダウンの影響を受け、校舎建設が遅れています。事業地のヌワコット郡は、同じ苗字を名乗るタマンという少数民族が多く暮らす貧困地域です。高い山々が連なる標高差の大きい地域なので、なかなか支援が届きません。インドラヤニ村は特に貧しい農村で、文字が読める村人はほんの一握りだけです。文字が読める子どもがインドラヤニ村に一人でも増えるように、校舎の完成に向け、がんばります。本事業は、下記のリンクよりご寄付を募集しています。よろしくお願い申し上げます。

ネパール学校建設募金

事業サポート課 竹本

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。